上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ダーティ・ママ!」 永作博美、香里奈 他

「ダーティ・ママ!」 2012年1月11日~3月14日放送


ダーティ・ママ!  DVD-BOXダーティ・ママ! DVD-BOX
(2012/06/20)
永作博美、香里奈 他

商品詳細を見る



「ダーティ・ママ!」は、2010年7月8日に、秦建日子によって河出書房新社から発行された日本の警察小説である。
2012年1月11日から3月14日まで、日本テレビ系列の水曜ドラマ枠で放送された。

キャッチコピーは「シングルマザー、ウソつかない。」



あらすじ

「シングルマザー、ウソつかない。」
シングルマザーの敏腕女刑事と彼女に振り回されっぱなしの見習い刑事がある時は強引に、
ある時は豪快に事件を解決しながら 「本当の女の幸せとは何なのか?」という難題に挑む刑事ドラマのような、女の生き様コメディ


警察官の葵(香里奈)はスカウトされ、刑事課に仮配属される。
上司の高子(永作博美)はなぜかベビーカーにまもなく1歳になる息子・橋蔵を乗せて、捜査に同行させていた。
高子が葵にまず命じたのは橋蔵のオムツ替えだった。
葵は警官で恋人の卓也(上地雄輔)とのデートもすっぽかし、橋蔵の世話に振り回されるハメに。
そんななか、ひったくり事件が発生する。
葵と高子は被害者の幸代(西田尚美)から犯人について詳細な話を聞くが、幸代は後に証言を翻した。
高子は幸代が勤務先の社長に脅されているのではと疑うが、社長からのクレームで事件から手を引くように言われてしまう。
あきらめようとする葵に高子は言い放った。
「明日から来なくていい。あんた向いてないよ」。さらに高子は葵がスカウトされた驚くべき理由を話し出した――。



登場人物

麻布南警察署

丸岡 高子<マルコー>/永作博美
刑事課強行犯係主任、検挙率ナンバーワンを誇る敏腕刑事。
諸事情により捜査中も息子の橋蔵を赤いベビーカーに乗せて連れ歩いており、その世話を葵に押し付けている。
ベビーカーは装甲車と同じ素材とオフロードをも踏破する大型タイヤを組み込み、さらに多くのギミックを搭載した特注品で、橋蔵を乗せずに武器として使うこともある。
橋蔵を連れて捜査をすることは、検挙率ナンバーワンだからこそ可能な特別待遇だが、同時に「一度でも犯人逮捕に失敗したら免職」という条件を付けられている。

長嶋 葵<ラッセル>/香里奈
交通課から刑事課強行犯係に異動してきた新人刑事。
一応マルコーのバディであるはずだが、実際には橋蔵のベビーシッター役を任され刑事として認められていない。
鉄板を載せた台を並外れた力で動かし、犯人グループを検挙したことから、マルコーに「ラッセル」というあだ名をつけられる。

佐々木 卓也/上地雄輔
地域課麻布1丁目交番 巡査。葵の彼氏。
刑事になる夢があり、先に刑事となった葵に複雑な感情を抱く。

深沢 保/八嶋智人
刑事課強行犯係係長 警部補。
高子の行動に頭を悩ませ、他の仲間と円滑に捜査出来るよう配慮する。

大野 道夫/佐藤二朗
刑事課強行犯係班長。

白戸 一郎/安田顕
刑事課強行犯係先任主任。

赤石 平介/野間口徹
刑事課強行犯係 巡査。

原 正春/林泰文
刑事課強行犯係 巡査。

丸岡 橋蔵/池田翼・池田慧
マルコーの息子。
家庭の事情があり警察署の資料室で暮らし、捜査中は特注のベビーカーに乗せられて現場に同行する。
嘘の発言を聞くと「ダー」と言う。
「ダー」とはマルコーの元夫、大輔のことを差している。
大輔を追い詰めるマルコーを近くで見ていたことで、嘘を言う人間の癖が分かるようになった。
この特技はマルコーにとっての切り札である。


ガールズバー「百蘭」

ムツ/加藤虎ノ介
女性の心を持っているガールズバーの店長。
高子の良き理解者でもある。



DVD 「ダーティ・ママ!」 DVD-BOX

サントラ 「ダーティ・ママ!」 オリジナル・サウンドトラック

主題歌 「冷たい雨」 BONNIE PINK

挿入歌 「トリステーザ」 JAMOSA feat. ナオト・インティライミ

原作 「ダーティ・ママ!」 秦 建日子







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。