上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ハングリー!」 向井理、瀧本美織 他

「ハングリー!」 2012年1月10日~3月20日放送


ハングリー! DVD-BOXハングリー! DVD-BOX
(2012/05/25)
向井理、瀧本美織 他

商品詳細を見る



「ハングリー!」は2012年1月10日から3月20日まで、関西テレビとホリプロの共同制作によりフジテレビ系列の火曜22時ドラマ枠で放送された日本のテレビドラマ。
主演は向井理。



概要

ミュージシャンを夢見ていた一人の青年が、オーナーシェフだった母の急死で母が経営していたフレンチレストラン「le petit chou」(ル・プティシュ)を継ぎ、幾多のトラブルにも負けない姿を描く。
主演の向井理はプライムタイムでの連続ドラマ初主演となる。
男性ボーカルデュオ、『CHEMISTRY』の川畑要と2011年に歌手デビューしたジャニーズ事務所の新グループSexy Zoneの佐藤勝利は本作で俳優デビューした。

キャッチコピーは「料理 is ロック!!」。



あらすじ

山手英介はバンド「ROCKHEAD」のベースとしてロックミュージシャンを目指していたが人気が出ず、ついにその道を諦める。
フレンチレストラン「le petit chou」のオーナーである母親・華子に「30歳までにメジャーデビュー出来なかったら店で働く」ことを条件に音楽活動をしていたため、英介は実家に帰り料理をする意思を伝えるが、華子は突然倒れそのまま死んでしまう。

英介は華子の意思を継ごうと「le petit chou」を再開させる決心をするが、父親・太朗がレストランの権限を敏腕実業家・麻生時男に譲っており、店は麻生の手により大胆な改装をされ店名も「GASTEREA」(ガステレア)へと変わり、かつての面影はなくなっていた。
そこで英介はかつてバンドで練習をしていた倉庫を改装しレストランに仕立て上げ、かつてのバンドメンバーたちと華子の元で働いていた海老名睦子を店員に加え新生「le petit chou」を開店する。

しかしコンセプトも定まらず客が集まらない。
麻生との対決に敗れ店名を奪われると「ハラペコキッチン」と改名、敷居を下げて誰でも食べられるフレンチレストランを目指し、方向性の迷走やメンバー間の対立もありながら少しずつ軌道に乗せていく。
また、英介と知り合った農園の娘・千絵は彼のことを意識し始め、英介とレストラン経営に反対していた恋人のまりあとの関係も変化していく。

しかし突然大家がレストランを認めず店をたたむように命令し、それを機に英介は麻生の誘いであるフランス修行の話に乗る。
修行の間メンバーたちは麻生の下で働き、その後また共に働くことを約束するも、社会に適応できず仕事はすぐに辞めてしまう。
英介はフランス修行に目的を見いだせなくなり、大家を自慢の料理で説き伏せ、店のファンたちに励まされて再び倉庫でレストラン「HUNGRY」を始めるのだった。



登場人物

山手 英介/向井理
「ROCKHEAD」の元ベース、フレンチレストラン「le petit chou」オーナーシェフ(オーナー兼料理長)。
中学校時代、女子の作った料理を正直に批評してしまったことで女子たちにいじめられ、それをロックに救われたことが切っ掛けで音楽活動を始める。
専門学校では調理技術コンテストで優勝するなど類稀な才能を発揮し、オーナーシェフの母親からすぐにでも店で働くよう言われるが、「30歳までにメジャーデビュー出来なかったら、店で働く」ことを条件にそれを拒否しロックに専念する。
しかし音楽活動では食べていけず生活費は全て母親が払っており、自身そこまでハングリーになれず、全く人気が出ずに終わる。
30歳を迎える3カ月前に母親が急死したことを機に、店を継ぐことを決意する。

大楠 千絵/瀧本美織
「稲穂農業大学」に在学する女子大生。
おいしい物が大好きで、好物は野菜全般。
初めて食べた英介の料理を気に入ったことがきっかけで、次第に彼のことが気になり始める。
実家は、「大楠農園」を経営している。

橘 まりあ/国仲涼子
英介の恋人、「明和銀行」銀行員。
自分の信念を貫く英介のことが好きで、彼のために料理を勉強している。
しかし、英介がロックを辞めてレストランを始めたことにショックを受け、そのことが発端となり2人の間に溝が出来る。

麻生 時男/稲垣吾郎(SMAP)
新進気鋭の敏腕実業家、高級フレンチ店「GASTEREA」オーナー。
味覚に優れているが、金銭至上主義で英介の父 太朗を騙し「le petit chou」を買収するが、英介の実力を知り彼を敵対視する。
幼少時にネグレクトを受けた経験を持つ。

住吉 賢太/塚本高史
スー・シェフ。「ROCKHEAD」の元ギター。
英介とは小学校時代からの親友で、「le petit chou」 内で彼を積極的にサポートする。
メンバーの中で、唯一の常識人で英介と拓の仲裁役である。

平塚 拓/三浦翔平
メートル・ド・テル。「ROCKHEAD」の元ヴォーカル。
女好きで口が軽く、お調子者。英介とは口論が絶えない。
半年前にバンドを脱退するが、再び英介の前に現れ「le petit chou」でバイトを始める。

藤沢 剛/川畑要(CHEMISTRY)
ガルド・マンジェ。「ROCKHEAD」の元ドラム。
英介とは小学校時代からの親友で、強面で寡黙だが、実際は誠実な性格。私生活には謎が多い、味覚音痴。
好物は酒。趣味は、筋トレ。
賢太に誘われて「le petit chou 」でバイトを始める。

海老名 睦子/片桐はいり
旧「le petit chou 」見習いパティシエ、現「le petit chou 」シェフ・ド・ラン。
華子に憧れて、「le petit chou」で働き始める。
パティシエを志望していた為、レストランのことはほとんど分からず、接客も苦手。
夫がいるが現在、離婚調停で争っている。

山手 華子/片平なぎさ
英介の母親。「le petit chou」前オーナー。
英介の料理の才能を逸早く見抜いていたが、彼が後悔の無い人生を歩めるよう、後押ししていた。
英介と一緒に仕事が出来る日を楽しみにしていたが、結局叶わず急死する。
英介が赤ん坊の頃、彼を店の名と同じ“小さなキャベツちゃん”(フランス語で「le petit chou」)と呼んでいた。

山手 太朗/大杉漣
英介の父親。
画家だが、全く売れず絵を描く時以外は、客相手に手品をしているが、英介からは邪魔者扱いされている。
楽天家でお人好し。
妻の死後、麻生に騙され「le petit chou」を手放してしまう。



DVD 「ハングリー!」 DVD-BOX

主題歌 「ROCK ME BABY」 THE BAWDIES

挿入歌 「真夜中のひだまり」 安田奈央


向井 理、ビストロ修行 ハングリー!な簡単レシピ53向井 理、ビストロ修行 ハングリー!な簡単レシピ53
(2012/01/31)
向井 理

商品詳細を見る








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。