上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連続ドラマ「ストロベリーナイト」 竹内結子、西島秀俊 他

連続ドラマ「ストロベリーナイト」 2012年1月10日~3月20日放送
 

ストロベリーナイト シーズン1 DVD-BOXストロベリーナイト シーズン1 DVD-BOX
(2012/06/29)
竹内結子、西島秀俊 他

商品詳細を見る



「ストロベリーナイト」は、誉田哲也による警察小説シリーズ「姫川玲子シリーズ」を原作として、2010年からフジテレビ系列で放送されたテレビドラマおよび映画のシリーズ。
主演は竹内結子。



概要

映像化第1作となるドラマは、2010年11月13日に『土曜プレミアム』特別企画として放送された姫川玲子シリーズ第1作『ストロベリーナイト』を原作としたスペシャルドラマ(以下、パイロット版と表記)である。
2012年1月6日には連続ドラマ版の放送に合わせ、若干の新撮部分を加えた『金曜プレステージ』特別企画枠ドラマレジェンドとして放送された。

2012年1月10日から3月20日まで、続編が連続ドラマとして火曜21時枠で放送された。
小出恵介、丸山隆平、大和田獏らはこの連続ドラマから新たに出演する(なお、小出と丸山はドラマレジェンドの新撮場面にも登場している)。
連続ドラマ版では『ストロベリーナイト』に続く姫川玲子シリーズから、『ソウルケイジ』『シンメトリー』『感染遊戯』を原作に物語を展開する。

連続ドラマ版のキャッチコピーは「アタマの中で、殺人犯が巣喰っている。」。

2013年1月26日に姫川玲子シリーズの『インビジブルレイン』を原作とした劇場版が公開された。
劇場版のタイトルもドラマシリーズと同様、『ストロベリーナイト』である。

また、映画公開に先駆け、映画のストーリーとリンクするスペシャルドラマ2作が放送された。
同年1月22日から1月25日までの深夜には4夜連続で『ストロベリーミッドナイト』を、映画公開日の1月26日には土曜プレミアム特別企画として『シンメトリー』『感染遊戯』『アンダーカヴァー』を原作としたオムニバスドラマ『ストロベリーナイト アフター・ザ・インビジブルレイン』を放送。



映像化作品シリーズ

スペシャルドラマ 土曜プレミアム特別企画 「ストロベリーナイト」(2010年11月13日)
ドラマレジェンド「ストロベリーナイト」(2012年1月6日)

連続ドラマ 「ストロベリーナイト」(2012年1月10日~3月20日、全11回)

「ストロベリーミッドナイト」(2013年1月22日 - 1月25日)
土曜プレミアム特別企画「ストロベリーナイト アフター・ザ・インビジブルレイン」(2013年1月26日)

映画 「ストロベリーナイト」(2013年1月26日、配給:東宝)



主要登場人物

姫川班

姫川 玲子/竹内結子(高校時代:岡本あずさ)
警視庁捜査一課殺人犯捜査十係姫川班主任。警部補。30歳。
ノンキャリアから27歳で警部補に昇進するという異例のスピード出世を遂げ、警察という男社会で女性であるという偏見と戦いながら捜査一課で姫川班を率いる。
天性の鋭い勘を何の疑問もなく捜査に反映させ、多くの事件を解決してきた。
犯人の意識と同調しすぎてしまうという危うい一面も持つ。

菊田 和男/西島秀俊
巡査部長。36歳。独身。謹厳実直で寡黙な性格。
体格が特別良いわけではないが、武道全般に長けている。
玲子が警部補に昇進したと同時に姫川班に配属。当初は年下の女性班長に戸惑うも、事件を共に追うに従い、玲子に上司としての確固たる信頼を寄せる。玲子に恋心を抱いているが、表面には出さない。

葉山 則之/小出恵介
巡査長。28歳。連続ドラマ版より登場。
玲子からは「ノリ」と呼ばれている。
新たに姫川班に配属されてきた、素直で真面目な刑事。
中高一貫の有名進学校に通っていた中学時代、彼の家庭教師だった女性が通り魔に襲われ殺害される事件を目の当たりにしたトラウマを抱える。

石倉 保/宇梶剛士
巡査部長。48歳。妻と2人の娘を持つ。
玲子からは「保さん」と呼ばれている。
姫川班では最年長のベテラン刑事であるが、班長の玲子には従順な部下でいる。
玲子をはじめとする班のメンバーから厚い信頼を寄せられ、長年地道に培ってきた幅広い情報網や人間関係を武器に姫川班を支える。

湯田 康平/丸山隆平(関ジャニ∞)
巡査長。26歳。独身。
連続ドラマ版より登場。玲子からは「康平」と呼ばれている。
大塚の殉職後、人員補充のため、今泉係長によって所轄から取り立てられ姫川班に配属された。
明るく素直な性格で、姫川班のムードメーカー的な存在。


警視庁

勝俣 健作/武田鉄矢
警視庁捜査一課殺人犯捜査五係勝俣班主任。警部補。56歳。通称「ガンテツ」。
一匹狼で、上司からも恐れられ敬遠されるが、犯人検挙率は最も高い。
玲子にとっても天敵である。
警察内外の情報戦に長け、影では警察の内部情報を売って裏金を作っている噂も立っている。

井岡 博満/生瀬勝久
亀有西署→西ヶ原署→蒲田南署強行犯捜査係 巡査長→巡査部長。
42歳。独身。
姫川とは度々捜査を共にする。インチキ関西弁を話す。

今泉 春男/高嶋政宏
警視庁捜査一課殺人犯捜査十係係長。警部。44歳。
玲子の上司であり、捜査一課では数少ない良き理解者。
所轄勤務だった玲子を反対を押し切って捜査一課に呼んだ。
玲子の捜査能力を高く評価している。

日下 守/遠藤憲一
警視庁捜査一課殺人犯捜査十係日下班主任。警部補。41歳。
玲子の天敵。
玲子と同じ十係で日下班を率いているが、姫川班とは意図的に互いに違う事件を追っている。
生真面目でしつこい性格で、必要以上に緻密で客観的な捜査方法をとり、勘に頼る玲子とは度々対立している。

國奥 定之助/津川雅彦
東京都監察医務院監察医。 66歳。独身。
監察医の第一人者。玲子とは彼女の所轄勤務時代からの付き合い。



あらすじ

第1話「シンメトリー」

10年前に100人以上の死傷者を出した列車転覆事故を引き起こした男・米田が事故と同じ場所で左右対称真っ二つの轢死体で発見される。
自殺と他殺の両面で捜査が進められる中、玲子は列車転覆事故で車両に潰され死亡した「被害者と遺族の会」の小川会長の長女・実春を、その死の直前、必死に助けようとした駅員がいたことを知る。


第2・3話「右では殴らない」

覚醒剤使用の痕跡が見られる男性三人が劇症肝炎で立て続けに死亡した。
玲子は國奥からこれらは病死でなく連続殺人ではないかとの助言を受け、薬物テロの線で捜査を開始する。
被害者三人はいずれもオンラインゲームサイト「ガチャゲー」の会員で、彼らがゲーム内で接触したうちの一人「シド」と名乗る人物がゲームを通じて不特定多数の相手に違法薬物「ゼブラ」を配っていた。
一方、六本木署とともに暴力団構成員殺人事件を捜査する勝俣もまた「ゼブラ」を追い、四人目と思われる犠牲者が発生したが、「ゼブラ」の模倣薬による事件であったことが判明。
玲子は事件の発端が薬物テロでも暴力団の抗争でもないもっと単純なことにあるのではないかと考え、ある人物に思い当たる。


第4・5話「過ぎた正義」

3ヶ月前、短い刑期で出所した殺人容疑者二名の不審死が連続して報告され、國奥は事件性を疑っていた。
玲子たちが軽い刑や無罪となった前科者の近辺を追跡する中、新たに三人目の犠牲者が出る。
不審死した三名は全て同じ捜査員・倉田修二に逮捕されていた。
勝俣から倉田や服役中の息子・英樹について知った玲子は、一連の不審死に倉田の関与を確信し、出所した英樹にも制裁を下すことを危惧していた。
そして、捜査の傍ら、英樹が服役する少年刑務所を訪ねて3ヶ月、ようやく倉田に会うことができた玲子は、一連の事件は英樹に罰を与える決心を鈍らせないための犯行ではないかと倉田に問う。


第6話「感染遊戯」

製薬会社勤務のエリート社員が自宅前でメッタ刺しに殺害された。
過去のトラウマが脳裏に去来していた葉山は遺体を目を背けながらも突如として事件解決に意気込む。
一方、被害者の着衣のボタンから犯人らしき指紋が検出され、玲子らはかつて旧厚生省の役人として薬害感染問題に関わっていた被害者の父が事件の標的だったのではないかと推測する。


第7・8話「悪しき実」

都内のアパートの一室で右半身だけ死後硬直が早く解けた男性の変死体が発見され、玲子は暴力団組長殺害事件の特別捜査本部にいる今泉からその究明を指令される。
アパートからは何かで削られた13個の木片と鍵が見つかる。
さらに、男性の正体が元暴力団構成員であることがわかり、玲子は行方をくらました第一発見者の恋人を追い、静岡へ向かう。


第9・最終話「ソウルケイジ」

多摩川土手で血まみれの左手首が発見された。
被害者の手首は大工・高岡賢一のものであること、彼が経営する工務店のガレージから致死量を超える大量の血液が発見されたことなどから高岡が殺害された可能性を考慮して死体損壊遺棄事件であると認定された。
高岡の過去を調べる玲子は高岡が工務店の従業員・三島耕介を我が子のように育てていたことを知る。



DVD 「ストロベリーナイト シーズン1」 DVD-BOX

サントラ 「ストロベリーナイト」 オリジナルサウンドトラック

主題歌 「ミセナイナミダハ、きっといつか」 GReeeeN

原作 
「シンメトリー」 誉田 哲也
「感染遊戯」 誉田哲也
「ソウルケイジ」 誉田 哲也







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。