上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「リバウンド」 相武紗季、速水もこみち 他

「リバウンド」 2011年4月27日~6月29日放送


リバウンド DVD-BOXリバウンド DVD-BOX
(2011/10/19)
相武紗季、速水もこみち 他

商品詳細を見る


「リバウンド」とは、2011年4月27日から同年6月29日まで日本テレビの『水曜ドラマ』で放送された相武紗季主演のテレビドラマ。


概要

体重78kgだった女性がダイエットとリバウンドを繰り返す中で、さまざまな試練を乗り越えながら、本当の自分を見つけるまでを描く。
ダイエットを扱ったコメディではなく、“女性の生き方”を描いた人間ドラマである。

キャッチコピーは「シアワセになりてぇ」。


あらすじ

6歳の時、あるケーキ屋で運命的なショートケーキに出会った大場信子(相武紗季)は、その後ひたすら“食べることが生きがい”なデブ人生を歩み続け、22歳で体重は78キロ。
しかし恋人・風見研作(勝地 涼)にフラレたことをきっかけに、1年で30キロ以上のダイエットに成功する。
憧れのファッション誌「エデン」に就職も果たし、‶人生これから~″と 意気込んでいたのだが・・・。

ある日、信子の上司・「エデン」鬼編集長の森中 蘭(若村麻由美)は信子に人気ケーキ店「アンジュ」の取材に行く事を命じる。
実は信子は主治医の神谷(半海一晃)からケーキ依存症と診断され、おいしいケーキを一口でも食べると止まらなくなり、元の78キロにリバウンドしてしまうのだった。

しかし蘭の命令は絶対。
信子はしぶしぶ親友の瞳(栗山千明)を連れ、行列のできるケーキ屋に向かった。
そこで信子は運命的な出会いをし、「アンジュ」のオーナーパティシエ・今井太一(速水もこみち)に恋をしてしまう!
太一の為にケーキを食べた、信子の体は・・・・。


登場人物

大場 信子/相武紗季
一流ファッション誌「エデン」の新人編集者。
決死のダイエットで体重78kg⇒45kgのスレンダーボディーになったが、実は、一口でもケーキを食べると止まらない。
取材で知り合ったパティシエ王子のためにケーキを食べ続け、リバウンド・・・・。


今井 太一/速水もこみち
人気ケーキ店「アンジュ」の2代目パティシエ。
パティシエ王子と話題になっていたが、“味がイマイチ”という信子の記事が掲載され、自信のない高慢な性格が露呈されてしまう。


森中 蘭/若村麻由美
「エデン」編集長。
“つまらない記事”と“醜い女の体”を何よりも嫌う鬼の編集長。
太った編集部員は“不要”を公言している。
トップを走り続ける「エデン」に限界を感じ始めている。
信子の記事を載せるなど、実力主義者。


内藤 有希/西山茉希
ファッション誌「エデン」のモデル。太一の元恋人。
肩書きで男と付き合うため、太一と別れたが、信子と太一の接近が気になり、何かと理由をつけては、アンジュを訪れる。


大場 智恵/伊藤かずえ
信子の母。
岐阜県一の料理を作る、肝っ玉母さん。
学生の頃は、ミス・キャンパスに選ばれる程の美人。
無償の愛を注ぐ睦己に物足りなさを感じている。


大場 睦巳/石塚英彦
信子の父。
岐阜県一番と評判のみそカツ屋「トントン亭」店主。
妻と娘をこよなく愛し、太っている自分も大好き。
実は信子に「トントン亭」を継いでほしいと思っており、何かと信子にお見合いをすすめる。


風見 研作/勝地涼
信子が太っていた時の元カレ。
大手広告代理店にいるが、自分に自信がなく何でも検索する。
美人の前に出ると途端に卑屈になってしまう性格の男。
一度は信子をフッたが、美しく痩せた信子に再会し気持ちが再燃する。


三村 瞳/栗山千明
高校時代からの信子の親友であり、同居人でイラストレーター。
冷たくしながらも、自分とは正反対の信子がどこかほっとけなく、いつも見守っている。
両親の離婚が原因となり、恋愛する事を恐れている、クールビューティー。
どんなに食べても太らない特異体質。


神谷 貴之/半海一晃
神谷ビューティークリニック院長。
信子を1年間のスペシャルプログラムによって、78kg⇒45kgへ奇跡のダイエットに成功させた。
美しい女性を自分の作品と思っている。



DVD 「リバウンド」 DVD-BOX

サントラ 「リバウンド」 オリジナル・サウンドトラック








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。