上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「冬のサクラ」 草剛、今井美樹 他

「冬のサクラ」 2011年1月16日~3月20日放送


冬のサクラ 豪華版DVD-BOX 【初回限定生産】冬のサクラ 豪華版DVD-BOX 【初回限定生産】
(2012/01/27)
草なぎ剛 今井美樹

商品詳細を見る


「冬のサクラ」は、2011年1月16日から同年3月20日までTBS系列の日曜劇場枠で放映されたテレビドラマ。


概要

2011年冬に贈る珠玉の純愛ドラマ。
今まで一度も恋をしたことがない一人の男(草剛)が、事故に遭い記憶を失った一人の女(今井美樹)と出会うことから始まる。

「愛してる」その一言さえいえないでいる二人。
そして、残された時間が少ないことをまだ知らない二人。
果たして二人の恋は、サクラの花びらと共に散ってしまうのか、それとも――。

キャッチコピーは、「この愛は、是か非か。」


あらすじ

雪の降り積もる山形で、母親の介護をしながらガラス職人をしている稲葉祐(草剛)は、今まで一度も恋をしたことがなかった。
その山形を、一人訪れた女・石川萌奈美(今井美樹)。
彼女は“冬に咲くサクラ”を見るため旅をしていた。
祐は、通りを歩く萌奈美とすれ違い、その美しさに目を奪われた。
その直後、ひったくりに遭い、怪我をした萌奈美を助けた祐。
怪我のショックで記憶がなくなった萌奈美は、祐の家で暮らすことになった。
身元を確認できるものもなく、自分が誰なのか分からず、不安や恐怖で呆然としている萌奈美。
唯一の手がかりは、彼女が持っていたデジカメに写っていた桜の枝の写真。
それは冬に花を咲かせる「啓翁桜」だった。
不安なままの萌奈美に、祐は「大丈夫、焦らず一休みしているくらいの気持ちでいるように。きっとそのうち思い出せる時が来るから……」と優しく微笑むのだった。

それは運命の出会いだった……母の介護だけがすべてだった男と、自分が誰がさえもわからなくなった女……静かに雪が降り積もる真っ白な世界で……。


登場人物

稲葉 祐/草剛
地元、山形県の高校を卒業後、叔父が営むガラス工場で働いているガラス細工職人。
母親は恋多き女性で家に寄り付かず、代わりに年の離れた弟の面倒を見てきた。
5年前から、認知症を患い寝たきりの母と二人暮らし。
仕事と介護の日々に追われる中、数年間を過ごしてきた。


石川 萌奈美/今井美樹
ある日、冬に咲く桜を見に山形県へ一人旅に出かけ、ある事件に遭い記憶を失ってしまい、助けてくれた祐の家に世話になる。
実は、東京で病院を経営する夫と中学生の娘を持つ専業主婦だが、愛情の冷めた夫との関係に悩み、孤独を感じもがいている。
しかし、愛する娘のために家庭を崩すまいと、気丈に努力している。


稲葉 肇/佐藤健
祐の弟。医学部を卒業し、東京の病院で研修医として働いている。
根は真面目で優しい性格だが、兄の祐とは違い要領もよく、思ったことはすぐ口にするタイプ。
身勝手な母親を疎ましく思っているように見えるが、祐には幸せになってほしいと心から願っている。


向井 安奈/加藤ローサ
肇の恋人。肇が働いている病院の食堂に勤務。
やや押し付けがましいところもあるが、愛情豊かな心を持つ世話焼き女房的な女性で、肇の兄である祐のことも大切に想う。
感情をストレートに表現するタイプだが、その単純さゆえに、意外と物事の本質を見抜いたりする。


中里 次郎/山崎樹範
祐の幼馴染みで、おせっかいな友人。
駐在所に勤務する独身のお巡りさん。


稲葉 哲也/でんでん
祐と肇の叔父。祐が働くガラス工場を経営している。
姉の百合が育児放棄をして家出していた時期に、祐と肇を預かって育てた。
自分には子どもはなく、祐と肇を息子のように思っている。


稲葉 香織/大島蓉子
哲也の妻。明るくて噂好きな女性。
夫の哲也と一緒に、母親代わりとして祐と肇を育てた。
夫婦の間に子どもができなかったので、祐と肇に対して母親のような愛情を抱いている。


白石 理恵/白羽ゆり
萌奈美が心を許している友人だが、実は航一の愛人。
有名な料理教室の経営者で、石川病院の病院食のアドバイザーも務める。
仕事ができる優秀な女性で、周りにも親切に優しく振る舞っているが、実は嫉妬深く、人の不幸に喜びを感じる面がある。


村瀬 千尋/遊井亮子
ガラスギャラリーの店員。実家は啓翁桜の栽培農家。
田舎の女性らしい、純粋で朗らかな性格の女性で、祐に対して密かに想いを寄せている。


石川 琴音/森迫永依
航一と萌奈美の娘。私立中学の1年生。
明るくて素直な女の子で母の萌奈美とは仲がよいが、神経質な父の航一には、ちょっと苦手意識がある。
両親の仲が良くないことを微妙に感じ取っていて、少し不安を感じている。


稲葉 百合/吉田日出子
祐と肇の母。恋多き女性で、幼い祐と肇を家に残し、男性のもとに走っては別れて戻るという暮らしを繰り返していた。
5年前に認知症を患ってから、祐を頼って同居している。


石川 章子/江波杏子
航一の母。石川総合病院の理事長を務める。
夫が残した病院を守ることを第一に考え、病院を守るためなら手段を選ばない。
航一に対しても厳しい母親だが、萌奈美に対してもキツイ存在の姑。
嫌味な部分も多分にあるが、きちんと筋は通す女性。
石川家の血を引く、孫の琴音のことを溺愛している。


石川 航一/高嶋政伸
萌奈美の夫。父の跡を継いで石川総合病院の院長となった。
優秀な脳外科医で院内の信頼も厚く、患者に対する態度も優しく、また夫として父としても周囲の評判はとてもよい。
しかし実は、神経質で異常なまでにプライドが高く、妻の萌奈美に対してもわざと冷徹な態度をとっているが、実は、妻・萌奈美の友人・理恵とは愛人関係である。



DVD 「冬のサクラ」 通常版DVD-BOX

サントラ 「冬のサクラ」 オリジナル・サウンドトラック

主題歌 「愛してるって言えなくたって 山下達郎

ノベライズ 「冬のサクラ」 高橋 麻紀、戸部 真里香 他








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。