上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「蛇のひと」 永作博美、西島秀俊 他

「蛇のひと」 2010年3月7日放送


蛇のひと [DVD]蛇のひと [DVD]
(2010/11/24)
永作博美、西島秀俊 他

商品詳細を見る



概要

「蛇のひと」は、2009年3月に受賞した『第2回WOWOWシナリオ大賞』受賞作品を映像化したヒューマンサスペンスドラマ。
大賞を取った三好晶子は脚本デビュー作。
2010年3月7日に『ドラマW』枠でテレビ放送、その後2010年9月25日より角川シネマ新宿ほか1週間限定で劇場公開。

キャッチコピーは「限りなく美しく 限りなく哀しい《人間の物語》」「誰でも"心の中"に蛇がいる」。


あらすじ

三辺陽子(永作博美)が朝出社すると、会社は大変な騒ぎになっていた。
部長の伊東(國村隼)が自殺したというのだ。
しかも課長の今西(西島秀俊)まで行方不明になっている。
陽子は取りあえず葬式の手伝いに行くが、部長の妻は何故か今西の話ばかりをする。

葬式の後、陽子は副社長に呼び出され、今西が横領で逃げている疑いがあると聞く。
しかもその証拠を伊東部長が握っていたという。
今西が伊東を殺したのでは?
あんないい人がそんなはずはないと思いつつ、陽子は会社の命令を受けて、今西を探しに行く。

今西の友人を訪ねて行く陽子。
今西に振られて今西の友人と結婚しDVにあって離婚した女性。
今西の言葉に従いマンションを購入し、ローンで疲れ果てている夫婦。
今西の仲裁で愛人と妻と3人で住むことになった友人。
皆どこかしら不幸になっている。
今西を知る人物を訪ねて話を聞くにつれ、陽子は今西がいったいどんな人間なのかよく分からなくなっていく。

更に今西の恐ろしくて哀しい衝撃の過去を知ったとき、陽子はあることに気付き、愕然とする…。
そして、陽子はまさかと思う場所で、漸く今西を見つけ出すのだが…。


出演者

三辺陽子(商社営業事務・独身OL)/永作博美
今西由起夫(商社課長、失踪)/西島秀俊
今西の幼なじみ/板尾創路
漫画家の卵(今西の隣人)/劇団ひとり
今西を探す社員/田中圭
里中(今西の元同僚)/勝村政信
保険勧誘員(今西の友人と結婚するが離婚)/ふせえり
里中の妻(パート勤務)/佐津川愛美
原田(予備校講師、妻と愛人の3人暮らしで生徒と不倫)/北村有起哉
原田の妻/奥貫薫
義太夫の師匠/河原崎建三
伊東部長(今西の上司、自殺)/國村隼
伊東部長の妻/石野真子
陽子の婚約者(地方工場経営)/ムロツヨシ



DVD 蛇のひと [DVD]







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。