上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「その時までサヨナラ」 北村一輝、栗山千明 他

「その時までサヨナラ」 2010年2月14日放送


その時までサヨナラその時までサヨナラ
(2008/04/22)
山田 悠介、Yusuke Yamada 他

商品詳細を見る



概要

「その時までサヨナラ」は、2008年4月30日に文芸社より刊行された山田悠介の小説。
山田悠介初の純愛ロー・ファンタジーである。
WOWOWのオリジナルドラマ製作プロジェクト・ドラマWの作品として映像化され、2010年2月14日に放送された。


あらすじ

別居中だった妻・亜紀を突然の事故で失った大手出版社の編集者・森悟(北村一輝)のもとに、5歳になる息子・裕太が残された。
悟は、自分の生活のためには邪魔としか思えない裕太を他所へ預ける決意を固める。
ところがある日、悟の元に、亜紀の親友で宮前春子(栗山千明)と名乗る女が現れ、悟に「あなたを家庭人として教育します」と宣言、勝手に家に上がりこんでしまう。
最初は怒り、戸惑う悟だが、仕事のミスをきっかけに、徐々に春子の存在を受け入れていった。
ところが、やがて事故と結婚指輪に纏わる思いがけない事実が明らかに。
そして「家族」に危機が忍び寄る…

一体、春子とは何者なのか?
失いかけた家族の絆は取り戻すことができるのか!?


登場人物

森悟/北村一輝
大手出版社編集長。
仕事人間で家庭を顧みない。
妻の死後は息子・裕太を義父母に引き渡そうとするが、春子の出現で徐々に家庭人に変化していく。


宮前春子/栗山千明
謎の女。
亜紀の元親友で悟と裕太のことを託されたと語
悟に家事を教育すると宣言し、勝手に家に上がりこむ。
何か秘密を抱えている。


森亜紀/清水美沙
悟の妻。
悟に愛想を尽かし、3カ月前に裕太を連れて家を出た。
列車事故に巻き込まれ死亡するが、遺品から指輪が紛失。


中森幸夫/若林豪
亜紀の父。
亜紀の死後、幼い裕太を引き取ろうと悟に持ちかける。
多恵と違い、悟にも理解を示そうとする穏やかな性格。


後藤田夏夫/河相我聞
悟が世に出した作家。
売れっ子になり少し調子に乗っている。
新作をめぐりトラブル発生。


川田紀子/大塚シノブ
悟の部下。
悟とは上司と部下を越えて愛人関係。
自分のミスで悟が窮地に陥り、責任を感じる。


住職/寺田農
亜紀が生前に訪ねようとしていた寺の住職。
指輪ばらいで夫婦仲を修復することで有名。


中森多恵/銀粉蝶
亜紀の母親。
悟とは反りが合わない。
亜紀が死んだのも悟のせいだと思い、憎しみを露わにする。



原作 「その時までサヨナラ」 山田悠介







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。