上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「白夜行」 山田孝之、綾瀬はるか 他

「白夜行」2006年1月~3月放送

白夜行 完全版 DVD-BOX白夜行 完全版 DVD-BOX
(2006/06/23)
山田孝之綾瀬はるか

商品詳細を見る



『白夜行』は、2006年1月12日から3月23日までTBS系列で放送。
放送時間は毎週木曜日21:00~21:54(JST)。
初回は1時間拡大。平均視聴率12.3%。

出演は2004年のテレビドラマ『世界の中心で、愛をさけぶ』で共演した山田孝之と綾瀬はるかのコンビ。
また、脚本・プロデューサーも同じメンバーで、主題歌も柴咲コウが担当する。


あらすじ

幼少時、初恋の少女を助けるために父親を殺した少年と、その少年を庇うために母親の命を奪った少女の残酷な14年間の愛の軌跡を描いた物語。
2人はただ太陽の下で手を繋いで歩きたかっただけなのに…。

原作ではほとんど描かれていなかった亮司と雪穂の関係を映像化し、2人の葛藤や成長などの心理的部分を中心に描く。
いきなり原作のネタバレや、登場人物の性格の大きな相違などで原作読者の間で話題を呼ぶ。
また、主要キャストに対する強い違和感を訴えたり(過去の出演作品の実績などから)、中には映像化そのものに反対する意見もあった。
その結果関東地区の1話ごとの平均視聴率は、一度も15%を超えることなく終了した。

ドラマファンなどからは、夜9時台の時間帯では子供が起きており、子供を持つ親にとっては殺人、レイプなど、ストーリーの性格上子供には見せたくない殺伐なシーンが多く、それが原因でリアルタイムでの視聴を避けた視聴者による録画率の高さが視聴率低迷の原因では?という声もあった[1]が、原作ファンからは原作の持ち味を生かし切れなかったことが最大の要因とする意見も多い。
原作者は内容の改変に寛大な作家としても知られているが、本作では「原作とドラマでは、主人公の性格が180度違う」という異例の発言を行なって周囲を驚かせた。


キャスト

桐原 亮司 - 山田孝之(18歳~25歳)、泉澤祐希(幼少時代)
唐沢 雪穂 - 綾瀬はるか(18歳~26歳)、福田麻由子(幼少時代)
松浦 勇 - 渡部篤郎(特別出演)
篠塚 一成 - 柏原崇
古賀 久志 - 田中幸太朗
園村 友彦 - 小出恵介
菊池 道広 - 田中圭
唐沢 礼子 - 八千草薫(特別出演)
桐原 弥生子 - 麻生祐未


ドラマ「白夜行」オリジナル・サウンドトラックドラマ「白夜行」オリジナル・サウンドトラック
(2006/02/15)
TVサントラ

商品詳細を見る


影
(2006/02/15)
柴咲コウ

商品詳細を見る


白夜行 (集英社文庫)白夜行 (集英社文庫)
(2002/05)
東野 圭吾

商品詳細を見る




「白夜行」 ドラマ公式サイト



サブタイトル・放送日・視聴率etc
サブタイトル・放送日・視聴率

第一話 2006年1月12日 東野圭吾記念碑的名作奇跡のドラマ化!!少年はなぜ父を?少女はなぜ母を?14年間の壮大な愛と絶望の物語 14.2%
第二話 2006年1月19日 閉ざされた未来に 13.4%
第三話 2006年1月26日 さよならの光 11.0%
第四話 2006年2月2日 罪と罰 10.7%
第五話 2006年2月9日 決別する二人 11.8%
第六話 2006年2月16日 白夜の終わり 10.7%
第七話 2006年2月23日 美しき亡霊の決意 12.3%
第八話 2006年3月2日 泥に咲いた花の夢 12.3%
第九話 2006年3月9日 こぼれ落ちた過去 12.0%
第十話 2006年3月16日 開く過去の扉 12.6%
最終話 2006年3月23日 白夜の果て 14.1%

※数字は視聴率(ビデオリサーチ社調べ・関東地区)


スタッフ

原作:『白夜行』東野圭吾著(集英社刊)
脚本:森下佳子
プロデュース:石丸彰彦
演出:平川雄一朗、那須田淳、石井康晴、高橋正尚
音楽:河野伸
音楽プロデュース:志田博英
制作協力:オフィスクレッシェンド
制作:TBSテレビ
製作・著作:東京放送(TBS)


主題歌

柴咲コウ 『影』(ユニバーサルミュージック)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。