上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「僕の歩く道」 草剛、香里奈 他

「僕の歩く道」2006年10月~12月放送


僕の歩く道 DVD-BOX僕の歩く道 DVD-BOX
(2007/03/07)
草ナギ剛香里奈

商品詳細を見る



『僕の歩く道』は、2006年10月10日~12月19日まで、毎週火曜日の22:00~22:54(JST)からフジテレビ系列で放送されていた関西テレビの企画・制作のテレビドラマである。

略称『僕アル』『僕歩』。
初回と最終回は15分拡大の23:09まで放送され、また第2話は22:15スタートの23:09までの放送となった。


概要

主演はSMAPの草剛で、「僕の生きる道」(2003年冬季)「僕と彼女と彼女の生きる道」(2004年冬季)に続く橋部敦子脚本の"僕シリーズ3部作"の完結作である。

なお、"僕シリーズ"としては草の他、小日向文世と大杉漣、浅野和之も3部作全ての登場、長山藍子は3部作の2作目「僕と彼女と彼女の生きる道」からの続投となる。
また、障害者を題材としたストーリーであることから、公式ページには放送前からさまざまな意見が寄せられていた。

放送中にも前2作同様に同じような境遇の人々から多くの書き込みがあり、特に第5話における障害者における結婚の問題などは多くの意見が寄せられ、「ドラマだからといって夢を描かず、真実に限りなく近いものを描いてくれている」と僕シリーズが一貫して貫き続けているリアリティに対する評価も高い。
同時に、彼らと身近に接する人をも唸らせる演技を見せた草剛の演技力への評価も高い。

また、前2作とは話の連続性がなく独立している。
本作のキャッチフレーズは「Everybody is perfect」「生んでくれてありがとう」「障害だって、個性といえる世の中になってほしい」を掲げている。
テーマは「純粋」。


あらすじ

主人公の大竹輝明は先天的な障害により、10歳程度の知能までしか発達しなかった31歳の自閉症の青年。
家族は、母の里江と妹のりなの3人暮らしだが、二世帯住宅の家に、輝明の兄・秀治の家族も住んでいる。

輝明は、幼なじみで、動物園の獣医である松田都古に動物園の飼育係をやってみないかと勧められ、動物園で働くことになったが…。
物語は、輝明の純粋かつ直向きに生きる姿を描く。


キャスト

大竹輝明・・・草剛、熊谷知博(少年時代)
松田(河原)都古・・・香里奈、八木優希(少女時代)
大竹秀治・・・佐々木蔵之介
大竹りな・・・本仮屋ユイカ
三浦広之・・・田中圭
古賀年雄・・・小日向文世
久保良介・・・大杉漣
大竹里江・・・長山藍子



僕の歩く道 オリジナルサウンドトラック僕の歩く道 オリジナルサウンドトラック
(2006/11/22)
TVサントラ

商品詳細を見る


僕の歩く道 (角川文庫)僕の歩く道 (角川文庫)
(2008/03/25)
橋部 敦子

商品詳細を見る



放送日・サブタイトル・視聴率etc
放送日・サブタイトル・視聴率

各話 放送日 サブタイトル 視聴率
第1話 2006/10/10 誰よりも純粋な男 19.3%
第2話 2006/10/17 教えて本当の気持ち 16.4%
第3話 2006/10/24 約束と裏切り 17.7%
第4話 2006/10/31 黄色い傘に降る涙 18.2%
第5話 2006/11/07 結婚式の奇跡 17.9%
第6話 2006/11/14 失踪!悲しき夕焼け 16.0%
第7話 2006/11/21 はじめての反抗 15.9%
第8話 2006/11/28 偽りの心と真実の愛 19.1%
第9話 2006/12/05 再会!助けて、テル 19.6%
第10話 2006/12/12 涙で、愛が見えない 20.1%
最終話 2006/12/19 僕は歩き続ける。 20.5%
平均視聴率18.2%(数字はビデオリサーチ関東地区)


主題歌

「ありがとう」(SMAP)
作詞・作曲:MORISHINS'/編曲:REO(ビクターエンタテインメント)


スタッフ

脚本:橋部敦子
音楽:本間勇輔
アソシエイトプロデューサー:石原隆(フジテレビ)
プロデューサー:重松圭一(関西テレビ)、岩田祐二(共同テレビ)
制作:関西テレビ・共同テレビ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。