上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連続ドラマ「ストロベリーナイト」 竹内結子、西島秀俊 他

連続ドラマ「ストロベリーナイト」 2012年1月10日~3月20日放送
 

ストロベリーナイト シーズン1 DVD-BOXストロベリーナイト シーズン1 DVD-BOX
(2012/06/29)
竹内結子、西島秀俊 他

商品詳細を見る



「ストロベリーナイト」は、誉田哲也による警察小説シリーズ「姫川玲子シリーズ」を原作として、2010年からフジテレビ系列で放送されたテレビドラマおよび映画のシリーズ。
主演は竹内結子。



概要

映像化第1作となるドラマは、2010年11月13日に『土曜プレミアム』特別企画として放送された姫川玲子シリーズ第1作『ストロベリーナイト』を原作としたスペシャルドラマ(以下、パイロット版と表記)である。
2012年1月6日には連続ドラマ版の放送に合わせ、若干の新撮部分を加えた『金曜プレステージ』特別企画枠ドラマレジェンドとして放送された。

2012年1月10日から3月20日まで、続編が連続ドラマとして火曜21時枠で放送された。
小出恵介、丸山隆平、大和田獏らはこの連続ドラマから新たに出演する(なお、小出と丸山はドラマレジェンドの新撮場面にも登場している)。
連続ドラマ版では『ストロベリーナイト』に続く姫川玲子シリーズから、『ソウルケイジ』『シンメトリー』『感染遊戯』を原作に物語を展開する。

連続ドラマ版のキャッチコピーは「アタマの中で、殺人犯が巣喰っている。」。

2013年1月26日に姫川玲子シリーズの『インビジブルレイン』を原作とした劇場版が公開された。
劇場版のタイトルもドラマシリーズと同様、『ストロベリーナイト』である。

また、映画公開に先駆け、映画のストーリーとリンクするスペシャルドラマ2作が放送された。
同年1月22日から1月25日までの深夜には4夜連続で『ストロベリーミッドナイト』を、映画公開日の1月26日には土曜プレミアム特別企画として『シンメトリー』『感染遊戯』『アンダーカヴァー』を原作としたオムニバスドラマ『ストロベリーナイト アフター・ザ・インビジブルレイン』を放送。



映像化作品シリーズ

スペシャルドラマ 土曜プレミアム特別企画 「ストロベリーナイト」(2010年11月13日)
ドラマレジェンド「ストロベリーナイト」(2012年1月6日)

連続ドラマ 「ストロベリーナイト」(2012年1月10日~3月20日、全11回)

「ストロベリーミッドナイト」(2013年1月22日 - 1月25日)
土曜プレミアム特別企画「ストロベリーナイト アフター・ザ・インビジブルレイン」(2013年1月26日)

映画 「ストロベリーナイト」(2013年1月26日、配給:東宝)



主要登場人物

姫川班

姫川 玲子/竹内結子(高校時代:岡本あずさ)
警視庁捜査一課殺人犯捜査十係姫川班主任。警部補。30歳。
ノンキャリアから27歳で警部補に昇進するという異例のスピード出世を遂げ、警察という男社会で女性であるという偏見と戦いながら捜査一課で姫川班を率いる。
天性の鋭い勘を何の疑問もなく捜査に反映させ、多くの事件を解決してきた。
犯人の意識と同調しすぎてしまうという危うい一面も持つ。

菊田 和男/西島秀俊
巡査部長。36歳。独身。謹厳実直で寡黙な性格。
体格が特別良いわけではないが、武道全般に長けている。
玲子が警部補に昇進したと同時に姫川班に配属。当初は年下の女性班長に戸惑うも、事件を共に追うに従い、玲子に上司としての確固たる信頼を寄せる。玲子に恋心を抱いているが、表面には出さない。

葉山 則之/小出恵介
巡査長。28歳。連続ドラマ版より登場。
玲子からは「ノリ」と呼ばれている。
新たに姫川班に配属されてきた、素直で真面目な刑事。
中高一貫の有名進学校に通っていた中学時代、彼の家庭教師だった女性が通り魔に襲われ殺害される事件を目の当たりにしたトラウマを抱える。

石倉 保/宇梶剛士
巡査部長。48歳。妻と2人の娘を持つ。
玲子からは「保さん」と呼ばれている。
姫川班では最年長のベテラン刑事であるが、班長の玲子には従順な部下でいる。
玲子をはじめとする班のメンバーから厚い信頼を寄せられ、長年地道に培ってきた幅広い情報網や人間関係を武器に姫川班を支える。

湯田 康平/丸山隆平(関ジャニ∞)
巡査長。26歳。独身。
連続ドラマ版より登場。玲子からは「康平」と呼ばれている。
大塚の殉職後、人員補充のため、今泉係長によって所轄から取り立てられ姫川班に配属された。
明るく素直な性格で、姫川班のムードメーカー的な存在。


警視庁

勝俣 健作/武田鉄矢
警視庁捜査一課殺人犯捜査五係勝俣班主任。警部補。56歳。通称「ガンテツ」。
一匹狼で、上司からも恐れられ敬遠されるが、犯人検挙率は最も高い。
玲子にとっても天敵である。
警察内外の情報戦に長け、影では警察の内部情報を売って裏金を作っている噂も立っている。

井岡 博満/生瀬勝久
亀有西署→西ヶ原署→蒲田南署強行犯捜査係 巡査長→巡査部長。
42歳。独身。
姫川とは度々捜査を共にする。インチキ関西弁を話す。

今泉 春男/高嶋政宏
警視庁捜査一課殺人犯捜査十係係長。警部。44歳。
玲子の上司であり、捜査一課では数少ない良き理解者。
所轄勤務だった玲子を反対を押し切って捜査一課に呼んだ。
玲子の捜査能力を高く評価している。

日下 守/遠藤憲一
警視庁捜査一課殺人犯捜査十係日下班主任。警部補。41歳。
玲子の天敵。
玲子と同じ十係で日下班を率いているが、姫川班とは意図的に互いに違う事件を追っている。
生真面目でしつこい性格で、必要以上に緻密で客観的な捜査方法をとり、勘に頼る玲子とは度々対立している。

國奥 定之助/津川雅彦
東京都監察医務院監察医。 66歳。独身。
監察医の第一人者。玲子とは彼女の所轄勤務時代からの付き合い。



あらすじ

第1話「シンメトリー」

10年前に100人以上の死傷者を出した列車転覆事故を引き起こした男・米田が事故と同じ場所で左右対称真っ二つの轢死体で発見される。
自殺と他殺の両面で捜査が進められる中、玲子は列車転覆事故で車両に潰され死亡した「被害者と遺族の会」の小川会長の長女・実春を、その死の直前、必死に助けようとした駅員がいたことを知る。


第2・3話「右では殴らない」

覚醒剤使用の痕跡が見られる男性三人が劇症肝炎で立て続けに死亡した。
玲子は國奥からこれらは病死でなく連続殺人ではないかとの助言を受け、薬物テロの線で捜査を開始する。
被害者三人はいずれもオンラインゲームサイト「ガチャゲー」の会員で、彼らがゲーム内で接触したうちの一人「シド」と名乗る人物がゲームを通じて不特定多数の相手に違法薬物「ゼブラ」を配っていた。
一方、六本木署とともに暴力団構成員殺人事件を捜査する勝俣もまた「ゼブラ」を追い、四人目と思われる犠牲者が発生したが、「ゼブラ」の模倣薬による事件であったことが判明。
玲子は事件の発端が薬物テロでも暴力団の抗争でもないもっと単純なことにあるのではないかと考え、ある人物に思い当たる。


第4・5話「過ぎた正義」

3ヶ月前、短い刑期で出所した殺人容疑者二名の不審死が連続して報告され、國奥は事件性を疑っていた。
玲子たちが軽い刑や無罪となった前科者の近辺を追跡する中、新たに三人目の犠牲者が出る。
不審死した三名は全て同じ捜査員・倉田修二に逮捕されていた。
勝俣から倉田や服役中の息子・英樹について知った玲子は、一連の不審死に倉田の関与を確信し、出所した英樹にも制裁を下すことを危惧していた。
そして、捜査の傍ら、英樹が服役する少年刑務所を訪ねて3ヶ月、ようやく倉田に会うことができた玲子は、一連の事件は英樹に罰を与える決心を鈍らせないための犯行ではないかと倉田に問う。


第6話「感染遊戯」

製薬会社勤務のエリート社員が自宅前でメッタ刺しに殺害された。
過去のトラウマが脳裏に去来していた葉山は遺体を目を背けながらも突如として事件解決に意気込む。
一方、被害者の着衣のボタンから犯人らしき指紋が検出され、玲子らはかつて旧厚生省の役人として薬害感染問題に関わっていた被害者の父が事件の標的だったのではないかと推測する。


第7・8話「悪しき実」

都内のアパートの一室で右半身だけ死後硬直が早く解けた男性の変死体が発見され、玲子は暴力団組長殺害事件の特別捜査本部にいる今泉からその究明を指令される。
アパートからは何かで削られた13個の木片と鍵が見つかる。
さらに、男性の正体が元暴力団構成員であることがわかり、玲子は行方をくらました第一発見者の恋人を追い、静岡へ向かう。


第9・最終話「ソウルケイジ」

多摩川土手で血まみれの左手首が発見された。
被害者の手首は大工・高岡賢一のものであること、彼が経営する工務店のガレージから致死量を超える大量の血液が発見されたことなどから高岡が殺害された可能性を考慮して死体損壊遺棄事件であると認定された。
高岡の過去を調べる玲子は高岡が工務店の従業員・三島耕介を我が子のように育てていたことを知る。



DVD 「ストロベリーナイト シーズン1」 DVD-BOX

サントラ 「ストロベリーナイト」 オリジナルサウンドトラック

主題歌 「ミセナイナミダハ、きっといつか」 GReeeeN

原作 
「シンメトリー」 誉田 哲也
「感染遊戯」 誉田哲也
「ソウルケイジ」 誉田 哲也




スポンサーサイト

スペシャルドラマ「ストロベリーナイト」 竹内結子、西島秀俊 他

スペシャルドラマ「ストロベリーナイト」 2010年11月13日放送


ストロベリーナイト DVDストロベリーナイト DVD
(2012/02/24)
竹内結子、西島秀俊 他

商品詳細を見る


「ストロベリーナイト」は、誉田哲也による警察小説シリーズ「姫川玲子シリーズ」を原作として、2010年からフジテレビ系列で放送されたテレビドラマおよび映画のシリーズ。主演は竹内結子。



あらすじ

捜査一課の姫川玲子警部補(竹内結子)が監察医の國奥定之助(津川雅彦)に相談をしていると、姫川の携帯が鳴った。
現場の元水公園に直行すると、部下の菊田和男巡査部長(西島秀俊)や大塚真二(桐谷健太)らがいた。
植え込みの上にブルーシートの包みがあり、遺体が入っており、ヒモで6ヶ所、ガッチリ結んであった。
「玲子ちゃん!」という声が聞こえ、振り向くと、かつて世田谷の帳場でコンビを組んだ井岡がいた。
井岡博満巡査長(生瀬勝久)は所轄の署に異動となっていた。
井岡と同じ署の北見昇(林遣都)も姫川にあいさつをする。

捜査本部会議室。
今泉春男係長(髙嶋政宏)によると、被害者の死亡推定時刻は一昨日の午後7時から10時で、切創は下顎骨左下から咽頭上部に抜ける形で一直線、胸には食い込むように多数のガラスの破片が刺さっており、みぞおちから股関節に達する切創は死後につけられたものだという。

班長の姫川は菊田がデスクであると、今泉係長から告げられ、不満を爆発させる。
夜、姫川が居酒屋で部下たちと飲んでいると、北見が東大出のキャリアで、新米にして警部補、父親は第三方面本部長の北見克好だという話で盛り上がる。
大塚は北見がキャリアだと知らず、タメ口をきいていたことを恥じる。

翌日。
被害者が歯形から、事務機器リース会社、大上商会社員の金原太一(34)と判明する。
大上商会で部下の小沢が相手にされないような大企業に次から次へと営業をかけ、むちゃをするようになったという。
金原の妻によると、金原は先月の第二日曜日より前から、毎月第二日曜日の夕刻から深夜近くにかけて外出をしていたそうだ。

姫川は橋爪管理官に「ホシが殺害後に腹部を切り裂いた理由がわかりました」と詰め寄る。
遺体を遺棄現場近くの 内溜に沈めるためだというのだ。
ただ沈めただけでは、体内にガスがたまって浮力となり、時間が経てば水面に浮かぶが、腹部を切り裂けば、ガスはたまらず確実に沈められると力説する。
さらに、姫川は、植え込みは遺体の受け渡し場所で、誰かが夜中に遺体を運び、別の誰かが明るくなる前に内溜に投棄する…と推理を披露する。
そして、監察医の國奥から送ってもらった深沢康之という男の死体検案書を見せる。
深沢は先月7月17日にネグレリアフォーレリという珍しい寄生アメーバに感染し死亡し、感染したのは死亡の約1週間前で、7月の10日前後、第二日曜日も含まれている。
深沢は保護観察中で、あの内溜で感染したことが濃厚だ。
姫川は、深沢があえて内溜に入る必要があり、感染した、そして、内溜には腹部を切り裂かれた別の遺体が沈んでいるはずだと主張する。

内溜を捜索するとブルーシートの包みが見つかった。
首と腹部の切創は同じだった。
だが、姫川の推測が正しかったことに異を唱えるものが現われた。
姫川の天敵、“ガンテツ”こと、勝俣健作警部補(武田鉄矢)だ。
勝俣は姫川の手法を非難し、姫川の忘れられない過去の傷に触れる。

内溜の遺体の身元が割れた。
大手広告代理店・白広堂クリエイティブディレクター、滑川幸男(38)。
滑川の後輩によると、一昨年にCM大賞をとった後、スランプ状態になっていたが、今年になってハイテンションになっていたという。
さらには、今年に入って、滑川が毎月第二日曜日の夜、どこかに出かけていたことが判明する。

大塚が滑川の大学時代の友人から、今年の4月に滑川と会い、滑川が「ストロベリーナイト」がどうのこうのと言っていたのを思い出したという。
大塚が怪しげな掲示板の書き込みを見ると、普通の検索では見つからない「ストロベリーナイト」という隠れたサイトがあって、本当に殺されている風の映像の後に、血文字で「ストロベリーナイト」と現われるというのだ。

「ストロベリーナイト」の意味とは?
そして、「ストロベリーナイト」を巡り、さらなる被害者が…。
「ストロベリーナイト」の真相に向け、火花を散らす姫川玲子と“ガンテツ”勝俣警部補。
果たして、姫川は「ストロベリーナイト」の謎に迫り、事件を解決できるのか。
そして、姫川が刑事となるきっかけとなった心の傷とは…?



登場人物

姫川 玲子/竹内結子(高校時代:岡本あずさ)
菊田 和男/西島秀俊
石倉 保/宇梶剛士
大塚 真二/桐谷健太(連続ドラマ第1話:回想)
北見 昇/林遣都
佐田 倫子/国仲涼子(友情出演 / 連続ドラマ第1話:回想)
湯田 康平/丸山隆平(関ジャニ∞)
勝俣 健作/武田鉄矢
井岡 博満/生瀬勝久
今泉 春男/高嶋政宏
日下 守/遠藤憲一
國奥 定之助/津川雅彦

深沢 由香里/谷村美月
深沢 康之/田中洋之助
辰巳 圭一/佐藤祐基



DVD スペシャルドラマ「ストロベリーナイト」 DVD

主題歌 「EUPHORIA」 柴咲コウ

原作 「ストロベリーナイト」 誉田 哲也




「ステップファザー・ステップ」 上川隆也、小西真奈美 他

「ステップファザー・ステップ」 2012年1月9日~3月19日放送


ステップファザー・ステップ DVD-BOXステップファザー・ステップ DVD-BOX
(2012/07/18)
上川隆也、小西真奈美 他

商品詳細を見る



「ステップファザー・ステップ」は宮部みゆきによる日本の小説作品である。
2012年1月9日から2012年3月19日まで、TBS系列のパナソニック ドラマシアター枠でテレビドラマとして放送された。
キャッチコピーは「俺がパパ!?冗談じゃない!」。



あらすじ

孤高の怪盗である“俺”はひょんなことから双子のパパになる羽目に。
しかも「もう泥棒はしない」という契約まで結ばされる始末。
さらにお節介な双子のせいで、ご近所で起こる事件やトラブルに巻き込まれ、こともあろうか双子の担任は“俺”を疑っているような…。
ホームコメディでありながらミステリーもある、一粒で二度おいしい作品だ。


“俺”(上川隆也)はドロボウである。
巷では「怪盗キング」などと呼ばれている。
雇い主である弁護士の柳瀬(伊東四朗)から情報をもらい、不正に私腹を肥やしている悪人たちから金品を巻き上げている。
義賊だと世間を騒がせているが、これまで一度も捕まったことはない。
それに“所詮は泥棒。
誇れるような仕事じゃない”と思っている。
誰にも迷惑をかけぬよう一人で仕事し、住む家も持たず、柳瀬の事務所の物置でひっそりと寝泊まりしている・・・。



登場人物

俺/上川隆也
怪盗キング。
弁護士・柳瀬が無理やり書類を作成し、双子たちとステップファザー契約を結ばされる。

宗野 直/渋谷龍生
小学4年生、両親が失踪。料理が得意。

宗野 哲/渋谷樹生
小学4年生、両親が失踪。家事が得意。

灘尾 礼子/小西真奈美
葉沢市立今出新町小学校4年2組、直と哲の担任。
双子の両親が失踪したことを知り、何かと気掛かりで夕飯作りを口実に宗野家を訪れる。
俺の正体を知っている。

秋山 ナオ/平山あや
柳瀬のお気に入り、柳瀬法律事務所事務員。
プロの女詐欺師だが、ある時のうっかりミスで生死をさまよう羽目になる。

柳瀬 豪造/伊東四朗
柳瀬法律事務所所長 弁護士。
俺の父親的存在で18歳の時に俺を拾ってくれた恩人。
他の誰よりもお金に執着し、その性格が起因して悲劇に見舞われる。

脇坂 信之助/渡辺いっけい
刑事。怪盗キングを捕まえることを目標としている。
俺にあまり関わりたくない人物だと思われている。

脇坂 芳江/須藤理彩 
信之助の妻。街の噂に敏感で詳しい。俺に興味がある。



DVD 「ステップファザー・ステップ」 DVD-BOX

サントラ 「ステップファザー・ステップ」 オリジナル・サウンドトラック

主題歌 「ブランコ」 トータス松本

原作 「ステップファザー・ステップ」 宮部 みゆき




「11人もいる!」 神木隆之介、広末涼子 他

「11人もいる!」 2011年10月21日~12月16日放送


11人もいる! DVD-BOX(初回限定生産)11人もいる! DVD-BOX(初回限定生産)
(2012/04/07)
神木隆之介、光浦靖子 他

商品詳細を見る


「11人もいる!」は、2011年10月21日から12月16日まで、テレビ朝日系列「金曜ナイトドラマ」枠で放送された日本のテレビドラマである。



概要

大家族をテーマにした、コメディかつシリアスな要素を取り入れたホームドラマ。
8人の子供を持つ貧乏な10人家族に、死んだはずの先妻(の幽霊)が突然現れ、11人となった家族の奮闘ぶりを描く。



あらすじ

真田家は10人家族の大家族一家。
カメラマンであるが仕事がほとんどない実、彼の妻でカフェ「日だまり」を経営する恵、長男で高校3年生であり朝は新聞配達、夕方はガソリンスタンドのバイトで一家の家計を支える一男を筆頭とした、8人の子供のいる“貧乏一家”で、裕福でないが幸せな生活を送っていた。
ある日、五男で末っ子の才悟の前に、ネグリジェ姿の若い女性の幽霊が現れる。
その幽霊は実の先妻で才悟以外の実母であるメグミだった。
何故か才悟にしか見えないメグミを含め11人となった真田家は、様々な騒動に巻き込まれながらも絆を強くしてゆく。



登場人物

真田 一男(18)/神木隆之介
真田家の長男、高校3年生。
新聞配達、ガソリンスタンドのバイトで家計を支える。
自分を犠牲にしてでも家族のために尽くすのが長男の役目と考えており、考えすぎて暴走してしまうことも少なくない面倒くさい男。
父・実に「長男性背負いこみ症」と名づけられた。

真田 実(42)/田辺誠一
真田家の父、カメラマン。
人物関係の写真撮影を中心に活動しているが、最近は仕事の依頼が全く来ない。
しかしあまり悩む様子もない天性の楽天家。

真田 恵(38)/光浦靖子
真田家の母、実の再婚相手(後妻)。
才悟の実母で、一男たちの継母。旧姓は田所。
見た目は地味だが子どもたちを分け隔てなく愛し、実の事を世界一のカメラマンとして尊敬している良妻賢母。

真田 二子(16)/有村架純
真田家の長女、高校2年生。
勤勉家でまじめな性格、家事も率先して手伝う。

真田 三子(15)/金井美樹
真田家の次女、中学3年生。芸能界に入る夢を抱いている。
無くし癖があり、いつも何かを探している。

真田 四郎(13)/平岡拓真
真田家の次男、中学2年生。
野球部に所属、日ハムのファン。
空気が読めない性格で学校でいじめられているが本人に自覚がない。

真田 五月(12)/赤石那奈
真田家の三女、小学6年生。肥満児。
一家きっての大食漢で、食べ物の話題になると異様に食いつく。

真田 六助(10)/福島北斗
真田家の三男、七男と双子で小学5年生。
七男との区別は家族でも付かない。

真田 七男(10)/福島海斗
真田家の四男、六助と双子で小学5年生。
六助とハモって喋ることが多い。
男が好きか女が好きかという話題で「男が好き」と答えた。

真田 才悟(7)/加藤清史郎
真田家の五男、小学2年生。実と恵の間に生まれた子供。
母とお揃いの赤い縁取りの眼鏡をかけている。
一男の事を尊敬している。
なぜか幽霊のメグミの姿が見えて会話が出来る。

真田 メグミ(享年30)/広末涼子
実の前妻(幽霊)。
才悟を除く子供たちの実母、元ストリッパー。
ストリッパー時代の芸名は「二代目ビクトリア蘭子」。
舞台写真を撮影したのが縁で実と知り合い結婚、7人の子供をもうける。

鈴木 ソアラ/野村麻純
一男がバイトしているガソリンスタンドの先輩。
川崎市にある豆腐屋の娘だが豆腐がニガテ。
一男がその場の勢いで初体験してしまった相手。

真田 ヒロユキ(33)/星野源
実の弟。一男たちの叔父。
ベビー用品メーカー「ママサンシャイン」の元社員、現在失業中。
会社が多額の負債を抱え、社長が金を持ち逃げし取り残される。



DVD 「11人もいる!」 DVD-BOX

サントラ 「11人もいる!」 オリジナルサウンドトラック

主題歌 「バイシクル」 「HUMANIA」 NICO Touches the Walls  

ガイドブック 「11人もいる!」 オフィシャルガイドブック





「専業主婦探偵~私はシャドウ」 深田恭子、桐谷健太 他

「専業主婦探偵~私はシャドウ」 2011年10月21日~12月16日放送


専業主婦探偵~私はシャドウ DVD-BOX専業主婦探偵~私はシャドウ DVD-BOX
(2012/04/06)
深田恭子、藤木直人 他

商品詳細を見る


「私はシャドウ」は、粕谷紀子作・画の漫画作品。
2011年10月21日から12月16日まで「専業主婦探偵~私はシャドウ」のタイトルでテレビドラマ化された。

キャッチコピーは「私、夫を取り戻すために、探偵になります。」。
ドラマでは原作を元にしたオリジナルストーリーが展開され、結末も原作とは異なる。



あらすじ

ドジで不器用な専業主婦がひょんなことから探偵になって、愛する夫のために奮闘し、強い女へと生まれ変わっていく物語。
ドン臭く、不器用で、夫にまとわりつく芹菜は、夫に気持ち悪いと思われても仕方ないほど“うざい”キャラクター。
さらに夫の裏切りや親友の策略を疑おうともしない愚直さ。
そんな芹菜が、探偵稼業に足を突っ込み、スキルを磨くことで変化し、強くなり、持ち前の健気さでいろいろな困難に立ち向かっていく。

強く生まれ変わった芹菜は、夫を見返すどころか「夫を支えたい、救いたい。なぜなら彼は困っているから」と考える、超ポジティブシンキングな性格。
逆に夫の身に降りかかっている問題を知り、解決しようと立ち上がる。



登場人物

JJ探偵事務所

浅葱 芹菜 (29)/深田恭子
専業主婦。武文の為だけに生きていたい、影になりたいと考えている。
運動能力が乏しく機械音痴、車の運転で右折が出来ない。
他人に比べたら劣っている部分が多く自発性に低いが、いざとなれば行動力を発揮し、接する人々誰にも親身で洞察力は優れており、顧客満足度は高い。
陣内に秘密を握られ、探偵事務所でアシスタントをする切っ掛けになる。

陣内 春樹 (30)/桐谷健太
JJ探偵事務所所長兼探偵。
芹菜が男性に暴行を受ける現場を盗撮し、夫に話されたくなければ30万払うよう要求する。

十島 丈二/古田新太
陣内が事務所を構える同じビルで、理容室「理容としま」を開いている理容師。
夫に愛されたいと泣いていた芹菜に「もう一人の別の女性」になってみないかとメイクで変身させ、愛されたいなら自分が変わる必要があるとアドバイスする。


ひばり証券IR部経営企画局

浅葱 武文 (35)/藤木直人
芹菜の夫、IR部課長補佐。
義父でかつての上司・泰介と秘密裏にひばり証券21階の動向を探っている。
芹菜の深い愛情を重たく感じている。

新山 千早 (40)/石田ゆり子
IR部部長、武文の上司。芹菜の素行調査を陣内に依頼する。
武文を色仕掛けで落とそうと計画するが本気で好きになってしまい、泥沼にはまり抜け出せなくなる。


ひばり証券関係者

新山 晃 (50)/遠藤憲一
常務取締役、千早の夫。
かつて、泰介の部下だったが、多大な損失の責任を泰介に擦り付けることで失脚させた。

藤元 泰介 (57)/小日向文世
芹菜の父親、 武文の元上司。
ひばり証券・専務をしていたが5年前退職。
現在は子会社の相談役を務めている。


その他

戸倉 もと子 (29)/芦名星
芹菜の友達、主婦雑誌編集者。



DVD 「専業主婦探偵~私はシャドウ」 DVD-BOX

サントラ 「専業主婦探偵~私はシャドウ」 オリジナル・サウンドトラック

主題歌 「スパイス」 Perfume

原作 「私はシャドウ」 粕谷 紀子







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。