上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ダーティ・ママ!」 永作博美、香里奈 他

「ダーティ・ママ!」 2012年1月11日~3月14日放送


ダーティ・ママ!  DVD-BOXダーティ・ママ! DVD-BOX
(2012/06/20)
永作博美、香里奈 他

商品詳細を見る



「ダーティ・ママ!」は、2010年7月8日に、秦建日子によって河出書房新社から発行された日本の警察小説である。
2012年1月11日から3月14日まで、日本テレビ系列の水曜ドラマ枠で放送された。

キャッチコピーは「シングルマザー、ウソつかない。」



あらすじ

「シングルマザー、ウソつかない。」
シングルマザーの敏腕女刑事と彼女に振り回されっぱなしの見習い刑事がある時は強引に、
ある時は豪快に事件を解決しながら 「本当の女の幸せとは何なのか?」という難題に挑む刑事ドラマのような、女の生き様コメディ


警察官の葵(香里奈)はスカウトされ、刑事課に仮配属される。
上司の高子(永作博美)はなぜかベビーカーにまもなく1歳になる息子・橋蔵を乗せて、捜査に同行させていた。
高子が葵にまず命じたのは橋蔵のオムツ替えだった。
葵は警官で恋人の卓也(上地雄輔)とのデートもすっぽかし、橋蔵の世話に振り回されるハメに。
そんななか、ひったくり事件が発生する。
葵と高子は被害者の幸代(西田尚美)から犯人について詳細な話を聞くが、幸代は後に証言を翻した。
高子は幸代が勤務先の社長に脅されているのではと疑うが、社長からのクレームで事件から手を引くように言われてしまう。
あきらめようとする葵に高子は言い放った。
「明日から来なくていい。あんた向いてないよ」。さらに高子は葵がスカウトされた驚くべき理由を話し出した――。



登場人物

麻布南警察署

丸岡 高子<マルコー>/永作博美
刑事課強行犯係主任、検挙率ナンバーワンを誇る敏腕刑事。
諸事情により捜査中も息子の橋蔵を赤いベビーカーに乗せて連れ歩いており、その世話を葵に押し付けている。
ベビーカーは装甲車と同じ素材とオフロードをも踏破する大型タイヤを組み込み、さらに多くのギミックを搭載した特注品で、橋蔵を乗せずに武器として使うこともある。
橋蔵を連れて捜査をすることは、検挙率ナンバーワンだからこそ可能な特別待遇だが、同時に「一度でも犯人逮捕に失敗したら免職」という条件を付けられている。

長嶋 葵<ラッセル>/香里奈
交通課から刑事課強行犯係に異動してきた新人刑事。
一応マルコーのバディであるはずだが、実際には橋蔵のベビーシッター役を任され刑事として認められていない。
鉄板を載せた台を並外れた力で動かし、犯人グループを検挙したことから、マルコーに「ラッセル」というあだ名をつけられる。

佐々木 卓也/上地雄輔
地域課麻布1丁目交番 巡査。葵の彼氏。
刑事になる夢があり、先に刑事となった葵に複雑な感情を抱く。

深沢 保/八嶋智人
刑事課強行犯係係長 警部補。
高子の行動に頭を悩ませ、他の仲間と円滑に捜査出来るよう配慮する。

大野 道夫/佐藤二朗
刑事課強行犯係班長。

白戸 一郎/安田顕
刑事課強行犯係先任主任。

赤石 平介/野間口徹
刑事課強行犯係 巡査。

原 正春/林泰文
刑事課強行犯係 巡査。

丸岡 橋蔵/池田翼・池田慧
マルコーの息子。
家庭の事情があり警察署の資料室で暮らし、捜査中は特注のベビーカーに乗せられて現場に同行する。
嘘の発言を聞くと「ダー」と言う。
「ダー」とはマルコーの元夫、大輔のことを差している。
大輔を追い詰めるマルコーを近くで見ていたことで、嘘を言う人間の癖が分かるようになった。
この特技はマルコーにとっての切り札である。


ガールズバー「百蘭」

ムツ/加藤虎ノ介
女性の心を持っているガールズバーの店長。
高子の良き理解者でもある。



DVD 「ダーティ・ママ!」 DVD-BOX

サントラ 「ダーティ・ママ!」 オリジナル・サウンドトラック

主題歌 「冷たい雨」 BONNIE PINK

挿入歌 「トリステーザ」 JAMOSA feat. ナオト・インティライミ

原作 「ダーティ・ママ!」 秦 建日子




スポンサーサイト

「ティーンコート」 剛力彩芽、瀬戸康史 他

「ティーンコート」 2012年1月10日~3月20日放送


「ティーンコート」DVD-BOX「ティーンコート」DVD-BOX
(2012/05/23)
剛力彩芽、瀬戸康史 他

商品詳細を見る



「ティーンコート」は、2012年1月10日から同年3月20日まで、日本テレビ系列で、毎週火曜日に放送されていた剛力彩芽主演の日本のテレビドラマ。



概要

アメリカに実在する、ティーンエイジャーが検察官や弁護士、陪審員となって同年代の少年たちが犯した事件の裁判を行うティーンコート(少年法廷)を題材にした法廷ドラマ。
女子高生検事・若王子美里が同級生の高田三郎を相棒にティーンコートに掛けられた事件の真相を暴いていく。



あらすじ

2012年、東京地方裁判所は相次ぐ少年犯罪への対処の為、未成年による犯罪を同じティーンの検事・弁護士・裁判員によって公開の法廷で裁くという「ティーンコート」制度を導入した。
友人の万引きが原因で、ティーンコート検事部でのボランティア活動を課せられた「世界一不幸な男」高田三郎は、同級生であり、検事局屈指の変人である女子高生検事・若王子美里の「ワトソン役」として、ティーンコートに持ち込まれる事件の真相に迫ってゆく。

1つの案件を前編・後編の2回(第7回のみ1話読みきり)に分けて描いている。



注釈

放送当時の2012年時点では、このティーンコートという裁判制度は日本では制度化されていない。
そのため視聴者への注意喚起として「このドラマはフィクションです。ティーンコートという裁判制度はまだ日本では採用されていません」という字幕を出している。



登場人物

ティーンコート検事部
東京地裁に設置されているその名の通りメンバーは全員「高校生」「大学法学部生」といったティーンである。


若王子 美里/剛力彩芽
東京地裁ティーンコート検事部に所属する女子高生検事。
かなりの天然ボケ・マイペースな性格で周囲を翻弄するが、物事を曖昧にすることを嫌い常に「真実」に迫ろうとする強い志の持ち主。
通常、検事が行わないことになっている事件の捜査に勝手に乗り出す為、周囲から問題視されるが、担当した青少年の「再犯率ゼロ」という実績の持ち主である。
また、検事を志望している理由が「被害者の味方になれるのは検事だけ」だからというくらい、被害者のことを考え事件の捜査にはマイペースながらも全力を注いでいる。
また、些細なことを見逃さない洞察力とそこから真実を見抜く推理力・頭脳を併せ持つ。
また、驚くほどのプラス思考であり、初回で高田に惑星探査機の破片が当たった時には、更に大きな破片が建物の壁にめり込んでいたことから、「君は運がいい」と発言し、周囲を驚かせた。

高田 三郎/瀬戸康史
高校生。若王子の「ワトソン役」を務める「世界一不幸な男」。
友人の万引きが原因でティーンコートに掛けられ、その懲罰としてティーンコート検事部のボランティアとして裁判の現場に立ち会うことを命じられた。

岡崎 真帆/村川絵梨
法学部に通う大学2年生。
単位取得のためにティーンコートに参加している。
若王子のことをライバル視する。

磯貝 勇人/森廉
フリーター風の男。
中学で不登校になるも、高等学校卒業程度認定試験を受け大学に進学。
司法試験合格を目指している。若王子に一定の理解を示す。

長谷部 博夫/今野浩喜(キングオブコメディ)
年齢不詳・正体不明の男。
かなりの老け顔だが、一応「ティーン」を自称する。
「ティーンですから」が口癖である。

香川 憲吾/大和田健介
弁護士一家に生まれた名門大学生。
法学部の単位取得のためティーンコートに参加する。
真帆に思いを寄せる。

松平 隆/東幹久
東京地検の副検事。
ティーンコート検事部に所属する唯一の大人で、若王子達の指導員を務めている。

笹倉 玲子/前田美波里
ティーンコート検事部に出入りする掃除のおばちゃん。
若王子と何らかの因縁がある。



DVD 「ティーンコート」 DVD-BOX

主題歌 「蒼き日々」 鴉



ティーンコート―少年が少年を立ち直らせる裁判ティーンコート―少年が少年を立ち直らせる裁判
(1999/12)
山口 直也

商品詳細を見る





「タイトロープの女」 池脇千鶴、高岡早紀 他

「タイトロープの女」 2012年1月24日~2月28日放送


NHKドラマ10 タイトロープの女 [DVD]NHKドラマ10 タイトロープの女 [DVD]
(2012/07/25)
池脇千鶴、高岡早紀 他

商品詳細を見る



「タイトロープの女」は、NHK総合テレビジョン『ドラマ10』の2012年第1弾として、同年1月24日から2月28日まで、6回シリーズで放送されたテレビドラマ。



あらすじ

十倉由梨は父親が愛人・恭子と再婚したことをきっかけに絶縁し、東京都にあるホテルでピアノの演奏をしていた。
しかし、突然父が病気で死亡するという訃報に接した。
そこで残されたのは恭子と、父が残した大阪府にあるワイヤロープの工場であった。
由梨と恭子、決して血のつながりのない2人が互いに対立しあいながら、ワイヤロープ工場再建へ向けた取り組みを描いていく。

タイトロープとは、「綱渡りに使う張り縄」のことで、それから転じて危ない橋を渡ることのたとえに使われている。



登場人物

十倉 由梨/池脇千鶴
楽器演奏プロダクション「アンサンブル」でアルバイトしながらピアノ演奏者として活動を続けてきた。

十倉 恭子/高岡早紀
由梨の父・龍二の愛人で、十倉ワイヤーの社長秘書。
妻の死後、後妻に入る。

永沢 吉行/小澤征悦
永沢税理士事務所税理士。
十倉ワイヤーの税理顧問、遺言書の立会を務める。

十倉 龍司/田村亮
由梨の父親。会長、十倉ワイヤー創業者。

高木 旭/本田博太郎
経理担当者。

橋本 昌治/佐川満男
ワイヤー職人、工場長。

榊 敬一郎/石田卓也
ワイヤー職人として優秀だった龍司を尊敬している。

小野田 克己/笹野高史
社長。十倉ワイヤーを龍司と創業し、長年会社の基盤となる経理を担当してきた。
会社を裏切り、ライバル会社「YAMATO ROPE」の営業部販売促進課専任部長として移籍する。

古谷 勇人/姜暢雄
コンサートの企画・施工しているストリングミュージックで働いている。
由梨がレストランでピアノの演奏をしているときに出会う。



DVD NHKドラマ10「タイトロープの女」 DVD

主題歌 「きっと、ずっと」 井手綾香




「DOCTORS~最強の名医~」 沢村一樹、比嘉愛未 他

「DOCTORS~最強の名医~」 2011年10月27日~12月15日放送


DOCTORS 最強の名医 DVD-BOXDOCTORS 最強の名医 DVD-BOX
(2012/04/06)
沢村一樹、高嶋政伸 他

商品詳細を見る


「DOCTORS~最強の名医~」は、2011年10月27日から12月15日まで、テレビ朝日の木曜ドラマ枠で放送されたテレビドラマ。



概要

赤字経営の病院に外科医の相良浩介がやって来る。
浩介は、患者に対して優しく接する一方で、医療の現場を欲や悪意で汚す者に対しては、脅しをかけたり、追い込んだりなど手段を選ばぬところも持ち合わせる。
しかしそれは、自らの「患者を救うこと」という信念によるところからである。

キャッチコピーは「優しい嘘、残酷な決断 すべては命を救うためか?」。



あらすじ

経営難にあえぐ総合病院にやってきたひとりの外科医。
ここには「患者を救う」という根本的な使命を忘れてしまった医師ばかりがいた。
経営のことばかりで医師たちの本当の姿が見えない院長、患者の死に何も感じない外科医や株に夢中な外科医、外科医の顔色ばかりを伺う麻酔医にヤル気を失った看護師・・・。
命を救う最前線のはずが、ここは日々の与えられた仕事だけをこなしている職業人としての医師・看護師ばかりがいる病院だった。

医師である前に真っ当な人間でありたいという信念を持った外科医が、他の医師たちと対立を繰り返しながら腐りかけた病院に鋭いメスを入れる!
だがその男のやり方は正しいことばかりではない。

ときには巧妙だったり、ときには非情だったり・・・、その手段はさまざまだが、絶対に変わらないのは"患者を救う"ということだ。



登場人物

相良 浩介 (43)/沢村一樹
東京医療大学病院を退職後、1年間休職し最初に声を掛けてくれた堂上総合病院に赴任する。
約3000件の執刀記録を持つスーパードクター。
堂上総合病院に勤めるスタッフ達の職業意識の低さを目の当たりにし、病院の意識改革に乗り出す。

森山 卓 (44)/高嶋政伸
院長の堂上の甥に当たる外科医。
自他ともに認める堂上総合病院の後継者でありエース。
そのため外科医達のほとんどは彼の同調者となっている。
外科医としての腕もあり当たり前の事を当たり前にやる医師であるが、傲慢かつ自信過剰でその傲慢ぶりには堂上も手を焼いている。

佐々井 圭 (40)/正名僕蔵
医師としての判断力や技術は確かだが、人格面に難があり職業意識や責任感も低い。
そのため他の病院で解雇された経験を持つ。

段原 保 (36)/尾崎右宗
森山の腰巾着にしてイエスマン。

高泉 賢也 (29)/敦士
人を助けるという使命感で医者を志したのではなく、3代続く実家の病院を継ぐため親の敷いたレールの上を進んで来た。
堂上総合病院での勤務は腰掛け程度にしか考えておらず、医師としても未熟。

千住 義郎 (35)/斉藤陽一郎
麻酔医。
人とのコミュニケーションが苦手で、時間外勤務はしないと決めているが、相良に脅され仕方なく手術に立ち会う。

皆川 和枝 (48)/伊藤蘭
内科医。堂上とは古くからの知り合い。
職業意識に欠ける人材ばかりのなかで、数少ない良心的な医師。
職場の人間関係に疲れており、また息子の高校受験を支えるため、三田中央病院に移ることが決まっていた。
しかし彼女の能力・人格を惜しんだ相良の思惑で移籍の話が白紙に戻され、新設された総合診療科の担当となる。

宮部 佐知 (29)/比嘉愛未
勤務9年目の正看護師。
愛想があまり良くないため、仕事は出来るが最低の看護師だと相良に評された。
そのため相良に対しては強い反発心を抱いていたが、病院の意識改革が進む中で看護師としての初志を再び思い出し、患者の心を理解するようになる。

相原 亜美 (22)/黒川智花
新人看護師。いつも明るく笑顔を絶やさない。
勤務して日が浅いので初歩的なミスを繰り返し起こしてしまう。
先輩の宮部を尊敬している。

堂上 たまき (70)/野際陽子
堂上総合病院院長。
経営の事で常に頭を悩ませているが、そのため現場の実態が見えていない。
許可もなく勝手に手術した相良に辞職を促すが、驚異的な手術手技を魅せられ、多額の年収を上乗せし呼び戻す。

桃井 正一 (62)/小野武彦
堂上総合病院事務長。
病院の赤字体質を脱却するために、相良を堂上総合病院にスカウトしたが相良に振り回される事となる。



DVD 「DOCTORS 最強の名医」 DVD-BOX

サントラ 「DOCTORS~最強の名医」 オリジナルサウンドトラック

主題歌 「Lullaby Of Birdland」 「DELICIOUS」 JUJU





「ドン★キホーテ」 松田 翔太、高橋 克実 他

「ドン★キホーテ」 2011年7月9日~9月24日放送


ドン・キホーテ DVD BOXドン・キホーテ DVD BOX
(2011/12/21)
松田 翔太、高橋 克実 他

商品詳細を見る


「ドン★キホーテ」は、2011年7月9日から同年9月24日まで日本テレビ系列の土曜ドラマ枠で放送されていた連続テレビドラマ。


あらすじ

とある町に最強最悪の泣く子も黙る任侠集団のドン・鯖島仁(高橋克実)がいた。
ところがドンの魂がある日、ごくごくフツーの青年で公務員の城田正孝(松田翔太)と入れ替わってしまった。
図らずもドンの仁は児童相談所の職員として働くことになり、正孝は任侠集団のドンになる。
子供が大の苦手なドンの魂を受け継いだ正孝はてんてこ舞い。
子供たちに振り回されていく…。


登場人物

城田正孝/松田翔太
川崎児童相談所職員・児童福祉司。草食系のヘタレ公務員。
面識のない親分と魂が入れ替わり、それに伴い、生活が180度変化する。
最初は激しく戸惑うが…。


鯖島仁/高橋克実
最強最悪の任侠集団の親分(ドン)。メンツが命。
子供は大の苦手で、かかわりを避けてきた。
鯖島組の組員たちから信頼されている。


松浦幸子/成海璃子
不良少女。なぜか児童相談所に入り浸っている。
児童相談所の所長・ミネコにいつも怒られている。
正孝とドンの入れ替わりのカギを握る人物。


鯖島あゆみ/内田有紀
仁の妻で、いわゆる極妻。
夫の突然の変わりようにビックリするが…。


水盛ミネコ/小林聡美
川崎児童相談所の所長。へタレの正孝には呆れている。
幸子に対しては、叱りながらも彼女の身を常に心配している。



DVD 「ドン・キホーテ」 DVD-BOX

サントラ 「ドン★キホーテ」 オリジナル・サウンドトラック

主題歌 「BEAUTIFUL DAYS」 SPYAIR








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。