上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「CO 移植コーディネーター」 吉岡秀隆、ユースケ・サンタマリア 他

「CO 移植コーディネーター」 2011年3月20日~4月17日放送


連続ドラマW CO移植コーディネーター [DVD]連続ドラマW CO移植コーディネーター [DVD]
(2011/12/02)
吉岡秀隆、ユースケ・サンタマリア 他

商品詳細を見る


「CO 移植コーディネーター」は、2011年3月20日から4月17日まで、WOWOW・連続ドラマW枠で放送される連続テレビドラマ。全5話(予定)。

キャッチコピーは「臓器移植の、光と闇。」。


あらすじ

移植コーディネーター(CO シーオー)になって数年の大野(吉岡秀隆)は、先輩CO(シーオー)である倉本(ユースケ・サンタマリア)と臓器移植法改正後の移植医療の難しさに葛藤を隠せないでいた。
親族に優先的に移植出来るようになったことや、本人の意思が不明でも、家族の承諾で移植出来るようになった事例と向き合いながら、ドナー家族に寄り添い、仕事に励む大野。

そんな中、法改正で認められた15歳未満の脳死下での臓器移植に注目が集まっていた。
厚労省から、15歳未満の第一号を早く出す様に圧力をかけられている竹ノ内総合病院の院長(平田満)。
危険な状態でICUに運ばれた拡張型心筋症の立花海斗(6)と移植を切望する母、美樹(麻生祐未)。
アパートのベランダから転落し、竹ノ内総合病院に運ばれた6歳の少年、手塚健(6)と動揺する母、由比(木村佳乃)。
利権をちらつかせ、移植を推奨する謎の製薬会社会長、斉藤(橋爪功)。
6歳の小さな心臓に、何人もの大人たちの思惑が群がり始める。
疑われる児童虐待、狙われた医療利権、移植の公平性を覆す裏圧力…。
大野は、ドナー家族のため、そして生きたいという希望を抱くレシピエント家族のため、真摯に立ち向かうが―。


15歳未満のドナーによる脳死移植

2009年に脳死移植を可能とする臓器移植法の改正が行われ、2010年7月17日以降は脳死移植は本人が提供拒否の意思を示していない限りは家族の同意が得られれば認められるようになった。
これによって、日本国内で15歳未満のドナーの臓器移植が可能となった。
ドラマ最終話放映直前の2011年4月13日に日本で初めて、15歳未満のドナーによる脳死移植が行われ、ドラマの主軸の一つである日本初の子供の脳死移植について、ドラマの内容に現実が追いついてしまった形となった。


出演者

大野達郎/吉岡秀隆:臓器移植コーディネーター

倉本和史/ユースケ・サンタマリア:臓器移植コーディネーター

倉本百合/矢田亜希子:倉本の妻

倉本真/鈴木福:倉本の息子

手塚健/藤本哉汰

手塚由比/木村佳乃:健の母

手塚隆弘/利重剛:健の父

林加奈子/板谷由夏:週刊ヘッドライン記者

榎本省吾/豊原功補:目黒中央署刑事

櫻井大地/阿部蒼輝:竹之内総合病院の患者

立花海斗/木村聖哉

立花美樹/麻生祐未

村田丈雄/中原丈雄

須藤亜季/尾野真千子

紺野智恵/木南晴夏

中村恒一/飯田基祐:厚生労働省職員

斎藤利通/橋爪功:斎藤製薬会長

竹ノ内慎太郎/平田満:竹ノ内総合病院院長



DVD 「連続ドラマW CO移植コーディネーター」 [DVD]

原作 「CO 命を手渡す者」 秦 建日子




スポンサーサイト

「パンドラⅡ 飢餓列島」 佐藤浩市、鈴木京香 他

「パンドラⅡ 飢餓列島」2010年4月18日~5月30日放送


パンドラII 飢餓列島 DVDパンドラII 飢餓列島 DVD
(2010/10/06)
佐藤浩市、鈴木京香 他

商品詳細を見る



「パンドラⅡ 飢餓列島」は、2010年4月18日から5月30日まで、WOWOWの連続ドラマW枠で放送された連続テレビドラマ。全7話。

食糧危機が迫る世界で遺伝子組み換え作物が開発され、あらゆる災難が起こる。


あらすじ

農学博士鈴木護(佐藤浩市)が長年の研究の末に、通常の4倍の速さで成長するトウモロコシを開発。
国内の食糧危機に迫まられる政治家や、利益を追求する実業家の欲望や陰謀の渦に、開発者の鈴木自身にも巻き込まれていく。


出演者

鈴木護(農学博士)/佐藤浩市
大倉均(鈴木の助手)/北村有起哉

今川咲子(外科医、鈴木の元妻)/霧島れいか

吉良英彦(キラーズ社社長)/勝村政信
滝口詩織(吉良の秘書)/水川あさみ

謎の男/温水洋一

八木沢周子(警視庁捜査一課刑事)/鈴木京香
内海壮太(捜査一課長)/永倉大輔
磯田俊介(捜査一課刑事)/TETSUYA
熊谷治作(鑑識官)/半海一晃

太刀川春夫(毎朝新聞記者)/山本耕史

平石徳子(内閣総理大臣)/余貴美子
武藤忠雄(内閣官房長官)/宅麻伸
川久保光悦(農水大臣/副総理)/勝部演之
水野玲一(経産大臣)/小川隆市
赤松大作(外務大臣)/中平良夫



DVD パンドラII 飢餓列島 DVD




「なぜ君は絶望と闘えたのか」 江口洋介、眞島秀和 他

「なぜ君は絶望と闘えたのか」 2010年9月25日~9月26日放送


なぜ君は絶望と闘えたのか―本村洋の3300日 (新潮文庫 か 41-2)なぜ君は絶望と闘えたのか―本村洋の3300日 (新潮文庫)
(2010/08/28)
門田 隆将

商品詳細を見る


「なぜ君は絶望と闘えたのか」は、1999年に起きた光市母子殺害事件を追った記者、門田隆将氏の著書『なぜ君は絶望と闘えたのか 本村洋の3300日』(新潮社刊)をもとにフィクションで作られた、感動の物語である。
加害者に手厚く、被害者遺族を蔑ろにする司法や少年法。
その矛盾に立ち向かった、悩めるジャーナリストと若き被害者遺族。
彼らの毅然とした生き方、そして人生をも変える真の友情を力強く描いていく。


あらすじ

―1999年。
うだるような夏の午後。
北九州の薄暗い喫茶店で、まだ23歳のその青年と出会った―
“僕が……僕が、この手で彼を殺します”
そう力強く言い放ったのは、無惨にも18歳の少年に最愛の妻子を殺され、突如被害者遺族となり、絶望の淵に落とされた若き青年、町田道彦(眞島秀和)。
その言葉に戸惑いを隠せない男、週刊誌記者・北川慎一(江口洋介)。
妻子を殺された深い哀しみの中、幾度となく司法の厚い壁に跳ね返され、なおも敢然と挑み続ける町田。
しかしそれは、決して孤独な闘いではなかった。
絶望と闘う青年の陰には、彼を励まし、支えた人たちがいた。
その大きな支えとなったのは、町田を取材対象として追った一人のジャーナリスト、北川であった。
貪欲に事件を追い、売れる対象には固執に付き纏うのがジャーナリストの宿命。
しかし彼は、皮肉にも家族を失ったこの若き青年から、失った人間の本質を教わっていく…。
 
最愛の妻子を失った事件発生から9年――。
若き青年が成し遂げた大きな成果とは…
そして、絶望の闘いの果てにある揺るぎない感動とは…。


前編

1999年夏。
週刊誌記者の北川慎一(江口洋介)は、無惨にも18歳の少年に妻子を奪われた青年、町田道彦(眞島秀和)の取材へ足を運んだ。
まだあどけなさの残る青年の目は、計り知れない絶望と怒りに満ちていた。
妻子を奪った少年は、法律によって手厚く守られている。
しかし被害者の心の傷は生涯癒えることはなく、国や司法から蔑ろにされている。
町田は、無念と孤独に押しつぶされそうになっていた。
そんな町田の激情に触れた北川は、犯人の実名を書いた手記を出さないかと提案した。
この実名手記を期に、多くの人々の支援を受けながら被害者遺族の無念、悲しみを訴える活動を続けた町田だが、幾度となく司法の厚い壁に跳ね返され、自信の無力さに限界を感じていた。

2000年3月。
第一審の判決前夜、町田はあるメッセージを会社に残し、姿を消した。
「せっかく結婚させていただいたのに佳織に苦労ばかりかけた上、守ることも出来ませんでした。本当に申し訳ございませんでした。僕にはこういう方法しかとる術はありませんでした―」


後編

第一審の判決「無期懲役」を受け、司法と少年法に怒りを露にした町田は、メディアの前で激しく言い放った「司法に絶望しました。私がこの手で殺します」被害者遺族の衝撃的な報復宣言に、数々のメディアは群がった。
司法に絶望した町田は、この時、自身の経験を使命と感じ、人生をかけて司法に立ち向かっていくことを誓う。

町田が命をかけて闘えるのは、そこに家族への深い愛情があるからである。
そんな町田の愛情に満ちた姿に感銘を受けた北川は、徐々に記者と取材者という壁を取り外して、そこに男の友情を見出していくことになる。
同時に、北川は、自分には守るべき家族がいないことに、男としての孤独を感じていく…。

何度も司法の厚い壁に跳ね返されてもなお、敢然と挑み続ける町田。
第二審でも司法は「無期懲役」判決を下したが、町田の悲痛な叫びは、少しずつ、世論を動かし、司法の思い扉を動かし始めていた。
最愛の妻子を失った事件発生から9年―。
若き青年が成し遂げた偉大なる成果とは。そして、絶望の闘いの果てにある揺るぎない感動とは。


出演者

北川慎一/江口洋介
町田道彦/眞島秀和
山下真紀子/ミムラ
西森有紀/木村多江
東野茂樹/小澤征悦
佐々木和子/市毛良枝
岡本昌治/佐藤B作
横沢昭雄/井川比佐志
客室乗務員/井川 遥
酒井幸雄/田口浩正
原島壮吉/西岡徳馬
高橋広江/草笛光子
小口隆志/高橋克実



原作 「なぜ君は絶望と闘えたのか―本村洋の3300日」 (新潮文庫) 門田 隆将




「横山秀夫サスペンス」 仲村トオル、玉山鉄二 他

「横山秀夫サスペンス」 2010年3月14日~4月4日放送


横山秀夫サスペンス DVD-BOX横山秀夫サスペンス DVD-BOX
(2010/10/27)
渡部篤郎(他人の家)、仲村トオル(18番ホール) 他

商品詳細を見る



「横山秀夫サスペンス」は、2010年3月14日から4月4日まで、横山秀夫の短編サスペンスをWOWOWでドラマ化したものである。



「18番ホール」 2010年3月14日放送

あらすじ

地元の村の再開発話を聞き、樫村(仲村トオル)は村長選の出馬を決意する。
彼には、12年前に犯した秘密を守るためにも絶対に秘密にする必要があった。
友人や現村長などの協力を得て楽勝と思われていた選挙だが、強力な対抗馬の登場で徐々に暗雲が立ち込めていく・・・。
12年前の秘密、選挙戦の行方。
追い詰められた男の心の暗部を描く!


出演者

樫村浩介/仲村トオル
樫村由紀子/西田尚美
津川良治/遠藤憲一
鎌倉敦男/田口浩正
押田健太郎/池田成志
奥山道也/相島一之


原作 「18番ホール」/「真相」 横山 秀夫より




「誤報」 2010年3月21日放送

あらすじ

地方新聞社の整理部に勤める高梨(岸谷吾朗)は、自分が担当している地域版で、ある写真家の展示会の日程を誤って掲載してしまう。
高梨は穏便に済ませようと謝罪に奔走するが、数日後、高梨のもとに写真家が殺害されたというニュースが入る。
些細なミスに端を発した事件の真相とは?


出演者

高梨透/岸谷吾朗
高梨咲子/片岡礼子
占部徹也/小澤征悦
蓮池俊哉/渡辺いっけい
手塚理絵/尾野真千子
湯沢剛/柏原収史


原作 「静かな家」/「看守眼」 横山 秀夫より




「自伝」 2010年3月28日放送

あらすじ

売れないライターの只野正幸(玉山鉄二)は、5歳のときに母親に捨てられたことをトラウマに生きていた。
そんな只野の元に、家電量販店「兵藤電機」会長、兵藤興三郎(長塚京三)からギャラ300万の自伝執筆依頼が来る。
取材当日、兵藤は「私は人を殺したことがある」と告白。
真相を探る只野は、衝撃的な真実にたどり着いてしまう。


出演者

只野正幸/玉山鉄二
兵藤興三郎/長塚京三
村岡一郎/田中哲司
野口奈緒美/紺野まひる
磯部賢一/和田聰宏
小山春代/原日出子


原作 「自伝」/「看守眼」 横山 秀夫より




「他人の家」 2010年4月4日放送

あらすじ

悪友に唆され、強盗事件を起こした貝原栄治(渡部篤郎)は出所後、妻と静かにアパート暮らしをしていた。
しかし、大家に前科がばれ、アパートを追い出されることに。
そんな矢先、近所に住む癌を患った老人から、養子に入り家を受け継いでもらえないかと頼まれ喜ぶ二人。
だが、貝原夫婦はその後、衝撃的な事件に巻き込まれていくことに・・・。


出演者

貝原栄治/渡部篤郎
貝原映子/戸田菜穂
佐藤久/伊藤四朗
秋田公男/小野武彦
広神正雄/高杉亘


原作 「他人の家」/「真相」 横山 秀夫より



DVD 「横山秀夫サスペンス」 DVD-BOX




「蛇のひと」 永作博美、西島秀俊 他

「蛇のひと」 2010年3月7日放送


蛇のひと [DVD]蛇のひと [DVD]
(2010/11/24)
永作博美、西島秀俊 他

商品詳細を見る



概要

「蛇のひと」は、2009年3月に受賞した『第2回WOWOWシナリオ大賞』受賞作品を映像化したヒューマンサスペンスドラマ。
大賞を取った三好晶子は脚本デビュー作。
2010年3月7日に『ドラマW』枠でテレビ放送、その後2010年9月25日より角川シネマ新宿ほか1週間限定で劇場公開。

キャッチコピーは「限りなく美しく 限りなく哀しい《人間の物語》」「誰でも"心の中"に蛇がいる」。


あらすじ

三辺陽子(永作博美)が朝出社すると、会社は大変な騒ぎになっていた。
部長の伊東(國村隼)が自殺したというのだ。
しかも課長の今西(西島秀俊)まで行方不明になっている。
陽子は取りあえず葬式の手伝いに行くが、部長の妻は何故か今西の話ばかりをする。

葬式の後、陽子は副社長に呼び出され、今西が横領で逃げている疑いがあると聞く。
しかもその証拠を伊東部長が握っていたという。
今西が伊東を殺したのでは?
あんないい人がそんなはずはないと思いつつ、陽子は会社の命令を受けて、今西を探しに行く。

今西の友人を訪ねて行く陽子。
今西に振られて今西の友人と結婚しDVにあって離婚した女性。
今西の言葉に従いマンションを購入し、ローンで疲れ果てている夫婦。
今西の仲裁で愛人と妻と3人で住むことになった友人。
皆どこかしら不幸になっている。
今西を知る人物を訪ねて話を聞くにつれ、陽子は今西がいったいどんな人間なのかよく分からなくなっていく。

更に今西の恐ろしくて哀しい衝撃の過去を知ったとき、陽子はあることに気付き、愕然とする…。
そして、陽子はまさかと思う場所で、漸く今西を見つけ出すのだが…。


出演者

三辺陽子(商社営業事務・独身OL)/永作博美
今西由起夫(商社課長、失踪)/西島秀俊
今西の幼なじみ/板尾創路
漫画家の卵(今西の隣人)/劇団ひとり
今西を探す社員/田中圭
里中(今西の元同僚)/勝村政信
保険勧誘員(今西の友人と結婚するが離婚)/ふせえり
里中の妻(パート勤務)/佐津川愛美
原田(予備校講師、妻と愛人の3人暮らしで生徒と不倫)/北村有起哉
原田の妻/奥貫薫
義太夫の師匠/河原崎建三
伊東部長(今西の上司、自殺)/國村隼
伊東部長の妻/石野真子
陽子の婚約者(地方工場経営)/ムロツヨシ



DVD 蛇のひと [DVD]







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。